仏壇を開けるとそこには・・・

これは友達から聞いた話です。

両親は共働きでおばあちゃんっ子だった彼。
彼が中学生になる頃、おばあちゃんは病気になり病院に入院することになりました。

彼は学校が終わると毎日おばあちゃんに会いに病院に行っていました。
彼が高校生になると、おばあちゃんの病気は悪化して、病院で寝たきりの生活になりました。
毎日おばあちゃんに会いに行くのは欠かしませんでした。

それから高校を卒業した彼は、地元を離れ東京の大学に進学することになりました。
春休みや夏休みもバイトやサークルで、おばあちゃんに会いに行くことはなくなりました。
そしておばあちゃんは亡くなってしまいました。

それから数年後、実家に帰った彼はおばあちゃんにお線香をあげようとしました。
お仏壇の扉を開くと、本当は位牌や何かが置いてあるはずの場所に、ものすごくニコニコしたおばあちゃんの顔が・・・。

そしておばあちゃんは満面の笑みで言いました。

「お前を殺す」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!