松尾芭蕉の都市伝説

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

皆さん知っている童話『かごめかごめ』どうやって日本全国に広まったか知っていますか?
新聞やテレビなどメディアなどなく、関所で人の行き来が制限されている時代です。
その鍵を握るのが松尾芭蕉です。

この時代、徳川家康が天下を取り日本に初めて『特殊部隊』を作り今世界で有名なアメリカのSWATのもとになった『忍者』とよばれる『暗殺部隊』を設置し、忍者の養成機関も作りその長に『服部半蔵』を務めさせた。

その功績を称え半蔵に与えられた土地名が今も残り『半蔵門』と言う駅・『半蔵門線』と言う東京メトロの路線名がある。

そんな半蔵の功績に徳川家から褒美が与えられることになり、半蔵は「私を自由にしてほしい」と頼んだ。
そして願いがかない自由となり日本中を旅をし、徳川家から『松尾芭蕉』の名をもらう。

当時、関所を越え違う土地に行く事を自由には出来ない時代。
旅をして『奥の細道』としていろいろな場所に足跡を残して、あそこまで好きなように行き来できるのは権力のお墨付きがあったから出来た事。

しかし道など整備されていなく山越えなんて大変す過ぎるが、『奥細』の記述では1日数十キロ単位で移動している。

しかし当時46歳でその移動距離は無理がる。
『伊賀上野』出身で特殊訓練を受けた「忍」である芭蕉だから出来たのである。

芭蕉は俳句を作るために『奥細』の旅に出たわけじゃなく、旅をしながら『かごめかごめ』の歌を全国に広めて埋蔵金、すなわち財力があることを各地の大名に示し反乱をしても無駄だと思わせるため、各地にヒントをまきながらの圧力をかけるために、『かごめかごめ』を日本全国で歌い続けた。

私は伊賀出身ですので、学校の授業でもよく先生が話てくれました。
どうやら服部半蔵であることはかなり有力説となっています。
そうでないとあんな距離を移動するのは無理です。

実はこれはもう一つ説があるらしく、実はバイクのような乗り物で移動してたのではないかという話です。
しかし当時、そんなハイレベルの乗り物はありませんのでやはり服部半蔵説が有力です。
ちなみに松尾芭蕉はゲイだったらしいです。
信じるか信じないかはあなた次第です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!