ペニスの正体

一時期、OL達の間で流行った噂。

ミナ子が、新しく買った口紅の蓋を開けると、リップスティックの中から黒い生物が転がり出た。

ミナ子は悲鳴を上げてその場を離れた。
遠くから観察していると、その生き物はよろよろと立ち上がった。
人の形をして、頭には突起の様なものが付いている。
しかしその姿はあまりにも弱々しかった。

その小さな鬼は、人に害を与えるような力を持っていない事が解った。
掌に載せて眺めてみると、動く様子はぎこちなくて意外と可愛らしかった。
マスコミなどに知らせてもつまらない。
ミナ子は小鬼をペットとして飼う事にした。

小鬼は口紅を食べて生きているらしい。
出社の時、ミナ子はリップスティックをしっかり閉じる。
帰宅して蓋を開け、鬼が転がり出てくるのを見るのが楽しみだった。
鬼は最初、小さく丸まっている。
指でつつくと次第に立ち上がる。
ミナ子は頭を撫でたりして可愛がった。

ある日、急な残業で、彼氏がデートに来られなくなった。
早めに帰宅したミナ子は、苛ついた気持ちで煙草をふかす。
急に小鬼の無様な姿が憎らしくなり、ミナ子は鬼の背中に煙草を押し付けた。
黒い生物は、声も立てずに身悶えし、それを見てミナ子は冷笑した。

それからミナ子は、憂さ晴らしに鬼をいじめるようになった。
針で突き通したり、ゴムを弾いて痛めつける。
逆らう様子も見せない鬼は、身をよじらせながらも、逃げようとはしなかった。

最近、彼が冷たい。
多忙を理由にデートを拒み、もう一ヶ月も会っていない。
電話では普通に話しているが、なんとなく怪しい様子だった。
何か隠している。

その怒りを、ミナ子は小鬼にぶつけた。
いくら痛めつけても、鬼は死ななかった。

ミナ子は覚悟を決めた。
彼の部屋に乗り込み、隠し事の正体を暴くのだ。

部屋を訪ねると、彼は困惑した顔をしていた。
電話の様子と明らかに違う。
ミナ子は彼を問いつめた。
泣きながら訴えると、遂に彼は正直に打ち明けると言った。

「理由は……これだよ……」

部屋の中にミナ子を招き入れた彼は、急にパンツを下ろした。

そのペニスには、煙草の火に焼かれ、針で貫かれた痕が醜く残っていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!