日間の記憶が全くない

小学校5年の時の5泊6日の自然学校。
はじめの1泊は宿舎、あとはテントに泊るって予定。

キャンプ場について色々説明を受けたあと、宿舎に行き50畳ぐらいの部屋に入った。

自由時間があって、みんなと部屋の中を走り回ったりなんかして遊んでたんだけど、飽きてきて誰も見ていないときに布団が詰まってる押入れに入って隠れた。
・・・誰かを驚かしてやろうと思ってね。

そしたら急に眠気が襲ってきた。
目が覚めたらまだ押入れの中にいた。
「あー、寝ちゃったヤベェ」と思って、押入れ開けたら外には誰もいないし、荷物もなかった。

怖くなって、とにかく部屋を出て靴箱のところに行った。
そしたら先生がいて、「◯◯くんまだいたの?はやくーもうバス出るよ」って。

わけもわからず先生に付いて行くと、みんなが集合してバスに乗り込んでいた。
最終日、帰る日だった・・・。

中4日の記憶が全くないの。
さすがにずっと寝てたとか、忘れられてるなんてありえないし、ホント不思議だった。

予定にあったカレー作りや、テントで寝たり、山のぼったりボートにのった記憶もなかった・・・。
飯ごう炊飯のために持っていった材料もそのまま残ってたしなぁ・・・。

さらに不思議だったのは、合宿中につける日記帳には感想文が書いてあったんだよなぁ。
しかも俺の字じゃなかったっていう・・・。

その字はノートのマス目いっぱいに大きく、まるで定規で書いたような字で特徴があった。

月日が経って6年生になって、たまたま友達のノートを見たら、自然学校の日記帳に書いてた字と全く同じで、アレ???って思ってそいつに「変わった字かくね」って言ったらハッとしたような顔してた。

それでしばらくしたら、そいつが来なくなり、引っ越してった・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!