たまにお金が落ちてくる

不思議な体験で思い出したので、ついでに吐き出し。
連投ごめん。
怖くないけど、たまにお金が落ちてきた話。

小さい頃は姉と二人部屋だったけど、部屋によく小銭が落ちてた。
1円から10円くらい。
「なんであんた達の部屋はよくお金が落ちてんの!大事にしなさい!」と、よく母ちゃんに怒られた。

中学の時、個室でふんばってて気が付いたらトイレットペーパーの上に1円が山盛りになってた。
同じく中学、合宿中にシャワー浴びてからチャリーンと音がして10円が落ちてきた。

その10円を拾って部活仲間に「落ちてきた」と話したら、またチャリーンと天井から10円が降って来た。
怖かったから、この20円は公衆電話で使った。
高校から一人部屋になったが、数か月に1回くらいか?思い出したようにたまにお金が落ちてくるようになった。

バイト中、そのことをチーフに話してみたら、チーフが「そんなの作り話じゃんw」と笑った。
その瞬間、完璧なタイミングでチャリーンと100円が落ちてきた。
無言でチーフと顔を見合わせたのを覚えている。

以降、バイト先でもよく金が落ちてくるようになる。

休憩中、飲み終わったコップの中に1円が山盛りになってることもあった。
この時もチーフが一緒だった。
俺が「自作自演じゃないですよ!」と言うと、チーフは「わかってるよ!」と怒った。怖かったらしい。
この時は自分の部屋にいる時も、月1くらいか?頻繁に金が降ってきていた。

小銭はたまにボロッボロのもあったたけど、昔のお金とかではなかった。
でもある日、制服をクリーニングに出したら、「ポケットに入ってましたよ」と、百円札も返って来たことがあった。
もちろん俺は入れてないし、百円札もこの時はじめて見た。
これは親戚の子が欲しがったからあげた。

大学に受かり、引っ越すことになった。
部屋を片付け、勉強机も捨てようとして、机の上に敷かれていた世界地図?をどかして驚いた。

下には大量のお札があった。
全部、旧札。

これには背筋が凍った・・・。

不思議な事に、それまで怖いと思ったことは一度もなかったんだけどな。
家族は誰も怖い話とか信じないので、「銀行行ったら換えてくれるぞ!」と、まったく気にしてなかった。
そのお金は両親に預けて、俺は東京へ一人暮らし。
それから、お金が落ちてくることはなくなった。

チーフは、俺が前世で金貸しをしていて、貸した人が今になって返しに来ているのでは・・・と推理していた。
チーフは俺と出会って以降オカルトに興味を持ち、いつの間にか前世やオーラにかなり詳しくなっていた。
俺が人生でもっとも影響を与えたのは、間違えなくチーフ、あなただろう・・・。

なんのオチもなくてごめん。
実害も何もない、本当、たまにお金が落ちてきただけの話です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!