そろそろ行くから

我が家は分家で本家とは馴染みが薄い。
本家の祖母は内孫だけ可愛がって、外孫の私や兄の事はあまり気に留めていなかったし、実際祖母が晩年にボケた時は、話かけても認識するのは内孫の従姉Aだけで、私の事は「どちらさま?」って感じだった。

そんな祖母が亡くなった時のお通夜。
私は離れの部屋で仮眠をとらせてもらってたんだけど、誰がに揺り動かされた。
見ると、亡くなった筈の祖母がいた。
生前の、健常だった頃の姿。

祖母は数秒ポカンとした顔で私を見てたけど、こっちがポカンだ。
祖母は少し黙った後、「・・・・・・おばあちゃん、そろそろ行くから」と言うので、私は「そこまで送っていくよ」と言い、玄関を出て先祖代々の墓場に続く途中の道まで見送った。

途中で祖母が「ここまででいいから」と言うので、そこでさよならした。

そのまま普通にAの部屋に戻って二度寝しようとしたんだけど眠れず、まんじりともしなかった。
お祖母ちゃん、私の事はたいして可愛くなかったぽいけど最後に会いに来てくれたんだなと、ちょっと感動してた。
違和感はあったけど。

それを父に言うと喜んでた。
「おふくろ、最後はお前の事覚えてもいなかったのになぁ」って。

しかしとにかく私の顔を見た時の祖母の微妙な表情が忘れられなくてクビを捻ってたんだ。
そして数ヶ月してようやく合点がいった。

私が仮眠とってた部屋は祖母の部屋の隣りで、従姉のAの部屋だったんだよね。
Aはあの日、通夜に来た客の世話で一晩中起きてて、私が眠いと言った時には「じゃあ私の部屋で寝といで」と言ってくれたから、寝てたんだけど・・・。

おばあちゃん、最愛の孫のAに最後のお別れしようとして揺り起こしたら、どうでもいい孫が寝てたから驚いただろうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!