だんだん近づいてくる男

先日体験した実話。

友達と関東の某ホテルのツインに泊まったんだ。
遅くまで話をしてて、4時ごろようやく眠りについたんだが、物凄く疲れているはずなのに、やけに寝苦しく、怖い夢を見た。

そのホテルの中で、全体が青白がかった。
作業着みたいな服を着た中年の男に追い掛け回される夢。
夢の中では、そのホテルのロビーから今寝ている部屋まで、どんどん追いかけられて、なんとか自分の部屋に入ってドアにカギをかけたところで、ハッと目が覚めた。
息が苦しく、全身汗びっしょり。
金縛りではないものの、全身が重い。

そしてまたウトウトと眠りにつくと、再び夢を見た。

今度は俺が今いる部屋の窓から外を見ると、遠くの建物の影から、さっきの青白い男が少しずつ近づいてくる。
窓からチラチラと外を見るたびに、男の姿が現れては消え、俺の部屋をめがけて少しずつ近づいてくる。
そして姿が消えてホッとした瞬間、窓の外に大きな手が「ビタっ」と張り付き、窓枠からあの男の顔が覗いていて、「ぎゃああああ」ってところでまた目が覚める。

立て続けに怖い夢を見て、ぼーぜんとしつつ、ふと窓をみると、確かに寝る前に閉めたハズのカーテンが、10cmぐらい開いていた。

本当に。

悪寒が走り、またも全身汗ダクな自分に気づく。

恐ろしくなって隣のベッドで寝ている友人を起こそうとしたが、寝入っているのかピクリとも動かない。
「気のせいだ」と自分に言い聞かせながら再び眠ると、こんどはさっきの男が既に部屋の中に入り込んでいる夢を見た。

夢の中と今俺がいる部屋と状況は全く一緒で、青白い男が隣で寝てる友人に馬乗りになって首を絞めている。
首を絞めながら友人をベッドから引き摺り下ろしている。

俺はもう夢か現実かワケがわからなくなり、でも「これは夢だ」と夢の中ながらも考え、
ただ身を硬くして男が去るのを待つが、ズルズルと体をひきずって、男が俺に近づいてくるのがわかる。

青白い、冷え冷えとした手が俺の足に触れた瞬間に、また目が覚めた。
隣の友人を確認するが、ちゃんとベッドの上で寝ている。
ホッと安堵しつつ、しかしどうしても窓を見るのが怖い。
見ないように背中を向けつつまた眠りに落ちたんだ。

今度は、またも男が部屋の中にいるところから夢が始まる。
男が俺の両足をつかみ、ベッドから引き摺りおろされる。
そして床のじゅうたんの上をズズ・・・ズズ・・・と引き摺られ、窓側に引っ張っていかれて、夢の中でいくらもがいても、男の力は恐ろしく強く、どんどん引き摺っていかれる。

そして、窓の手前にある壁の鏡の中に左足を引っ張り込まれる。

ちなみに、そのホテルは窓の手前の両壁が鏡になっていて、いわゆる合わせ鏡状態になっている。

その合わせ鏡の中にもう一人青白い中年の男がいて、そいつに右足をつかまれたところで目が覚めた。

あまりにリアルだったので、もう本当に眠るのが怖くなってきて、そのまま朝までベッドの中で震えていました。

朝になって友人が目を覚まし、この話をしたが、夜中に起きたり、カーテンを開けたりはしていないとのこと。
チェックアウト前に、俺の左足首に、昨日まではなかった赤いアザが出来ているのに気づき、本当に怖くなった。

あまりに気持ち悪かったので、すぐに神社でお払いをしてもらいました。

俺、霊感なんてないし、こんな体験生まれて初めてだったので思わず書いてしまった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!