刺青を焼き消そうとした

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

あるところに、新人ヤクザの謙吾という男がいた。
そいつは、ヤクザの貫禄を出すために刺青をいれたいと常々思っていた。

しかし、金が全然無い。
しかし、刺青をいれたい!

悩んだ謙吾は「どんなにしょぼい刺青でもイイから、だめでもいい。タダでいれてもらおう」と考えた。
とにかく、刺青入れてもらおうと、店に行った。

もちろん、断られた。
しかし、どうしても入れて欲しい謙吾は、店の店員と交渉を続けた。
その時、店の奥からしょぼくれた爺さんが現れた。

実はその爺さん、幻の彫物師として有名な源五郎という男だった。
源五郎は、謙吾の背中を見るや否や「この背中、私の芸術家魂を掻き立てる!タダでいい、是非彫らせてくれ!」といいだした。

なにはともあれ、謙吾は有名な彫物師にタダで刺青を入れてもらった。
背中いっぱいに。

謙吾は喜んだ
後日、源五郎が死んだ。

すると芸術界が、「謙吾の背中の刺青は源五郎氏の遺作であり最高傑作だ!この刺青は後世まで永遠に遺しておくべきだ!」と騒ぎだした。

後日、謙吾の背中の刺青の素晴らしさが、国際的に認められ、謙吾自身が人間国宝として認められた。
すると、直後から謙吾の周りにSPがうろつき始めた。
刺青を守るためである。
謙吾はSPに段々と苛立ちを感じ始めた。

そんなある夜、謙吾とその彼女とがやっていた。
彼女は執拗に背中をいじくった。

「こんな刺青があるからへんな人がいるのね」とかなんとか言って、女は刺青に爪を立てた。

すると、部屋に隠れてたSP達が2人を包囲し、女は逮捕されてしまった。

謙吾は次の日から、SPをまくため、逃亡を図った。

逃亡は見事に成功した。
謙吾はSPがこなさそうな田舎びた一軒のラーメン屋へ昼食を摂りにいった。

店のテレビでは、ニュースをやっていた。
そのとき、スタジオが俄かにざわめき始めた。

謙吾はテレビを見つめている。
キャスターはニュースを読み始めた。

「臨時ニュースです。先日人間国宝に任命されたXX謙吾さんが、逃走し行方不明になりましたこの事態に警視庁はXX謙吾さんに、懸賞金300万円を懸け、市民の情報を募っています」

店の客の目が一斉に謙吾に向けられた。

「300万」「300万」謙吾は店を飛び出したが、外にも懸賞金の話の話を聞いた老若男女であふれかえり、彼は土地勘の無い町を走りまくった。

やがて、謙吾は自動車の廃棄場に辿り着いた。

追っ手も無い。
謙吾はここにいることにした。

夜になった。

謙吾はドラム缶に火を焚いた。
ふと謙吾は考えた「こんな刺青があるから、人に追われるんだ!こんな刺青があるからあいつ(女)ともうまくいかなくなったんだ!!こんな刺青があるから俺の人生がめちゃくちゃだ!!!」

謙吾はドラム缶の中の一本の焼けた木を手に取った。

「こんな刺青!焼き消してやるぅぅぅぅ!!!!!」

その時、真っ暗闇の廃棄場が眩いほどに明るくなった。
よくみると、照明。
謙吾はあっけにとられた。

すると、何千、何万もの人が謙吾に近づいてきた。

「君は、国宝であるその刺青を焼き消そうとした。君をもう自由にするわけにはいかな!!」

SPは拡声器でいった。
謙吾はあっというまに人の波に飲まれた。

人気の無い博物館。
そこにカップルが現れた。
そして2人は硝子のショーケースに飾られた一人の男を見た。

「なんだこれ?」
「これ?刺青の人だよ!」
「あぁ~そういえば」

2人はその場を立ち去った。
博物館はまた静かになった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!