シンプルに幽霊

京都・東寺の側道。(大阪から一号線で行き、東寺に当たったらそのまま真っ直ぐ)

そこをそのまま進むとJRの貨物列車の高架に行き着く。
大雨の日、友人の家に行こうと車に乗って走っていた。
その高架をくぐれば友人宅だったが、道中の住宅街の道という道から人間が突然沢山出てきた。

大雨だというのに傘もさしていないし、幼稚園くらいの子供までいる。
「何だ?一体?」と、気持ち悪いなと思ったが、車でぶつからないように徐行で走った。

すると、ひょろ長い若い男が車の前に仁王立ちで道を塞いだ。
無表情でずっとこっちを見ていたので「キチガイに捕まったなー・・・」と寒気がしたが、いきなり男の周りに人間が固まりだして、こっちに対してゴニョゴニョなんか言い出した。
「なんなんだ!こいつら、ドッキリカメラか!?」と、後ろを確認して急速バック、そのまま下がり続けた。

前を確認すると、なんか固まりが光ってた・・・。
腰が抜けそうになりながらも一号線まで戻り、チコマートで休息し、友人に迎えに来てもらった。

訊くと、どうもあの一帯で大火事があったようだ。

俺が見たのはシンプルに幽霊だとその時はじめて気づいた・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!