幽霊にも断られる

大学1年生の頃、俺は年下のM子と付き合っていた。

俺はM子のことが好きで好きで堪らなかった。
結婚したいぐらい好きだった。
でも、俺がいくら好きでも長く続かなかった。

結局付き合って一年ちょいでM子が浮気して、浮気した男と付き合うことになり振られた。

俺は人生であれほどまでに死にたいと思ったことはなかった。
結局、死ねなかったからここに書き込んでいる訳だけどさ。

別れてから、たまにだけど、電話したり、メールのやり取りもあった。
そして一年に1回~2回ぐらいはM子と会っていた。

決して、俺から連絡はとらなかったけどね

俺は振られてからいうもの、決して自分からメールや電話・・・、ましては会おうなど言わなかった。

なぜなら、俺から誘っといて連絡が来なかったり、駄目っていわれたら立ち直れないからね!!
ただ単に自分が傷つきたくないだけ、俺チキン・・・。

ただ大抵電話が来る時は、M子泣いていた。
そして「死にたい」か「一緒に死のう」って言われた。

一回、別れてから2年後ぐらいの時に、電話越しに泣いていた。
大量の薬を飲んで、自殺を謀っていたらしい。
結局死ねなかったみたいどね。

M子と会うといつもどこかしら、リストカットなどの傷がついていた。
俺は、そんなM子に少しでも明るくなってもらいたくて軽い口調で「俺と一緒になろう」って言うの。
そうするとM子は必ず、その時だけは、暗かった顔を上げて笑顔で「それは駄目~」って言うのよ。

そんな関係が6年間経った。
6年間経つと俺も社会人になって周囲も目まぐるしく変わり、変わらないのは、相変わらず俺はM子を好きってことくらい。

俺には一年に一回楽しみがあった。

それは毎年元旦にM子から必ず、あけおめメールが来るからだ。
これは別れてからも毎年必ず来るメール。

別れてから7年目の正月。
毎年来るはずのM子からのあけおめメールが来なかった。

8年目も来なかった。

俺は、M子がついに結婚したかな?って一人勝手に思っていた。

でも、実際は違ったのよ、俺さ某SNSやっててさ、そこで偶然M子の友達と出会ったの(元々、お互い顔見知り程度だった)

俺がさり気なく最近のM子どうよって、メール送ったら、『知らないのですか?M子2年前に自殺しましたよ・・・』って返ってきた。

俺もう何も考えられなくなったね。
あけおめメールが来なくなったのも、結婚した訳ではなく死んだからなのか・・・とか頭のなかパニック。

んでさ、俺はどうしてももう一回M子と会いたくて、会いたくて仕方なかったのよ。

もう死んでいるから会える訳ないけど、それこそ本やネットで死者に会える方法?みたいのをかったぱしから試した。
藁にもすがる気持ちで。

ある日寝ていたけど、深夜に暑くて途中で起きたのよ。
そしたら、ドアの付近に一人の女の子が居たの。

顔は髪で隠れたけど、俺はあれがM子だって直感でわかった。
ぶっちゃけ、すげぇ怖かったわww

そしたらさ、顔が全く見えないM子がブツブツ言いながら近づいてくる訳。
最初何言っているか、わからねーの。
俺も怖くなってちびる寸前www

でさ、M子と俺が本当に近づいた瞬間何言っているかわかっちゃったの。

M子:「一緒に死のう」

怖い台詞だけどさ、俺それ聞いた瞬間M子が可哀想になっちゃってさ、怖さもなくなって「いいよ、今度こそ一緒になろう」って言ったの。

そしたら、M子が近づくのを止めて、髪で隠れていた顔を上げて、俺が大好きだった笑顔で「それは駄目~」て言って消えていった。

結局あれはなんだったのか・・・。
俺が作りだした幻影なのか、本物幽霊なのか未だにわからん

ただ一つ言えることは、
M子が居ないこの世の中、本当につまらない。

M子が大好きってこと、そしてM子に会いたい。
死んだらM子に会えるかな?

ただ上記にも書いたけど、俺チキンだから、もし死んでM子と会えたとしても断られたら、
死んでも死にきれない。

そう考えると怖くて死ねない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!