霊界の入り口

タモリの話。

俺の知ってる奴でもう芸能界を辞めた奴の話なんだけど、マネージャーが「8時に下に迎えに来るから用意をしておいてくれ」と。
それで8時頃下についたマネージャーから電話がかかってきて「もう下に迎えに来ているから」と。
「あぁ、じゃあもう用意出来ているから、今から行くね」と返したらしい。

その人は十何階に居たんでエレベーターの下のボタンを押して、エレベーターに乗り込んだ。
そうすると途中の階でドアが開き、お婆さんが乗ってきた。
その人はすごく品の良いお婆さんだったんだけど、そのお婆さんに「何階ですか?」と聞くと、「ううん、二十何階」って言うんです。

でもこのエレベーターは下に向かいますからね、「あ、お婆さんすみません。このエレベーターもう下に向かってますんで、一旦下についてから上に登るんですがそれでもいいですか?」と聞いたんです。

するとそのお婆さんは「ううん、これは上に行くから」と。

「いや、お婆さん、これはもう下に向かってますから」

そう返しながら『このお婆さん何を言ってるんだろう』と思いながらふっと上の数字を見ると、エレベーターが上に向かっていたんですって。

それでお婆さんは「二十七階」と言うんだけども、このマンションは二十六階までしか無い。
『えっ?』と思っていたら、何故かお婆さんが言う階について、何だかそこはものすごく気持ちがいいフロアだったそうです。

お婆さんが降りる時に振り向いて「良かったらご一緒に降りますか?」と言う。

でもこれは直感的に”降りちゃいけないんだ”と思ったから「いや、結構です」と言うと、エレベーターはスーッと下に降りていった。

一階に降りるとマネージャーが居て「お前、何分かかってんだよ」て言うから時計を見ると、十数分以上経っていたんですって。

時間が飛んでいたんだよね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!