不幸の後の幸運

とある事情で神様方にすがる必要ができてしまいまして、それから「神々を信じて伊勢や出雲、日向で願掛けをしたのに、氏神様に参詣しないのも筋が通らない」と思い立ち、家のすぐ近くの歴史ある神社に通うようになりました。

死人がよく出て怪奇現象がたまにある病院勤務のくせに、一度も幽霊は見たことがないという霊感0の人間ですが、届くと信じて二週間に一度の参拝を欠かさないようにしております。

そんな習慣ができて数年が過ぎ、昨年のお盆の頃の話。
午前中で終わる土曜日の勤務を終え、いつも通りに地下鉄に乗って帰っていました。

「今日は神社に行く日だ。でも全部回るには硬貨が足りないから、自販機でジュースでも買って崩しておくかな・・・」などと考えていましたが、突然頭の中で、知らない男の子が自分が買ったジュースをほしがるという状況(妄想?)が浮かんできました。

自分はぼーっとする中で、男の子に「いいよ、もともと両替したくて買ったんだし。あげるよ」と答えるという想像をしていました。

男の子は凄く喜んでいたような気がします。
特にやることもなく過ごしているときはいろいろと想像したりするので、そのときは特におかしいと思うこともなく、いつも通りに電車を降りて、自動販売機でジュースを買おうとしました。
お金を入れて目についた午後ティーのボタンを押し、ゴトンと缶が落ちる音とお釣りが出てくる音を聞いて先にお釣りを回収(癖です)、いざ午後ティーを取り出そうとしましたが・・・ない。
取り出し口に何もないのです。

引っかかっているのか?と思い上の方も探ってみましたが、ありませんでした。
周囲には誰もおらず、かなり離れた改札の窓口に駅員さんがいるだけ。
先にお釣りをとっていたとはいえ、そのとき誰かがとっていったなら隣に立つはずなのでさすがに気づくはずです。

何より私は缶が落ちる音を聞いていますし、お釣りも代金を引いた額が返ってきています。
もしかして、想像していたようにあげたことになって男の子が取っていった?
いやいやそんなはずは・・・お盆にしたって無理がありすぎでしょ、物理的に消えるなんて。

・・・まあどうでもいいか(本当はちょっとのども渇いたところだけど、ないものはないんだし、お札は崩せたし)と思い直し、お釣りの硬貨を財布に入れ、その硬貨でいつも通りに参拝をして、帰りにいつも通りに食事をしようと行きつけのラーメン屋に寄って帰りました。

いつも通りでないのは、午後ティーが消滅したことだけ。
必要ないくらい「水、いる?」とコップの水をつぎ足してくれるラーメン屋のおじさんのご厚意が、いつもよりありがたかった夏の一日でした。

余談になりますが、その後ちょっとした幸運が続いたのは午後ティーのお礼だったのかもしれません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!