霊のくせにエロい

バスに乗っていたときの話。

私、運転手のすぐ後ろの席に座るのが好きなのね。
だからそのときも運転手の後ろに座ってたの。

で、私の左前方にはお姉ちゃんが立っていて、ちょうどバスの進むほうを向いていた。
ちょうど私はお姉ちゃんの後姿を見るような状態。
バスは結構混みあってた。

バスが停留所に着いたとき、お姉ちゃんの腰の辺りをさわさわしている『手』が見えたのね。

うおっ!
痴漢!

そう思って手の主を探したんだけど、お姉ちゃんを触れる位置ってのは、すでに降りる客で流れている。
つまり、そこに立ってられる人はいないのね・・・。

『手』は、私に見られた瞬間、「しまった!」って感じで、びくぅっ!として引っ込められた。

朝っぱらだったので、びっくりしただけなんだけど、未だに謎。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!