その地方に伝わる妖怪

友人の話。

彼はかつて、山中で仲間とはぐれて遭難しかけたことがある。
不安から歩き続けた彼は、脱水症状を起こして倒れてしまった。

友人:「俺、ここで死ぬんかなぁ。寂しいなぁ」

そんなことをぼんやり考えていると、さくり・・・という音がすぐ近くで聞こえた。

友人:「誰か来たっ!」

喜んで顔を上げた彼の目の前に、ずんぐりとした、何とも奇妙な者がいる。
身の丈は一メートルもないだろう。
短い灰色の足には何も履いていなかった。

藁蓑のような物を身にまとい、手はその中なのか見えない。
茶色の髪の毛は変な形に広がっており、まるで大きな茸の傘のように思えた。
歯は真っ黒で、目のある場所にはぽっかりと穴が開いている。

ひっ!と思わず息を呑む。

しかし彼の様子を窺っていたそれも驚いたようで、くるりと身を返すとテッテケテッテケ逃げ出し、あっという間に山の暗がりに消えていった。

それから数時間後、彼は無事に仲間たちに発見された。
山を下りるまでには何とか回復できたという。

この話をしてくれた後、彼は私に問い掛けた。「俺が見たあれって、一体何だったんだろうな。お前知ってる?」

・・・私は過去に、その地方に伝わる話を聞いたことがある。
キノコと呼ばれた怪の話。

小さな子供のような姿をしているが、その実は文字通り年経た茸なのだと。
茸のくせに足を生やして動き回り、杣人の弁当を盗み食いしたりしたらしい。
力尽きた動物を見つけると、その身体に胞子を植えて苗床にするとも聞いた。
起き上がる力があるうちは決して近よらないが・・・。

私:「お前が見たモノと同じ物の怪かどうかはわからないけどな。」

そう答えると、彼は苦虫を潰したような顔をした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!