前が見えない女は・・・

タクシー運転手の体験談。

Kさんというタクシー運転手が遭遇した話です。

ある夜遅く、客を探して走っていると、手を上げている若い女の人が見えました。
「こんな夜遅くに一人で危ないな・・・」と思いながら彼女を乗せると、Kさんは妙な事に気づきました。

彼女の着ている服は病院の患者が着ているようなもので、Kさんは気味が悪くなりましたが、その女性はぼそぼそと行き先を指示しました。

女:「そこを右へ・・・」
女:「そこを左へ・・・」

路地を進むにつれKさんは、さっきから同じ場所をぐるぐる回っていることに気づきました。
冷やかしだと思って腹が立ったKさんは、「同じところばっかりじゃないか、降りてくれ!」と怒鳴って、その女性を車から降ろしました。

憎らしげにKさんは、「頭がおかしいんじゃないのか?!」とつぶやくと、その瞬間にバックミラー越しに、物凄い形相をしたその女が四つん這いで車を追いかけてきました。
それも信じられないスピードで!

恐ろしくなったKさんは必死に逃げましたが、後日その話を同僚にすると、ずっと前にその近辺にあった病院で火災があり、入院していた若い女性が焼け死んだ事を知らされました。

その女性は煙で前が見えないために四つん這いになって病院の廊下を何度もぐるぐると這って逃げるうちに亡くなったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!