連れて帰りなさんなよ

去年の夏、父方の曽祖父母の納骨堂のお参りに行った。
その後、父が記念碑(ここでは伏せます)に行きたいと言うので、家族で行くことになりました。

到着すると母が「あたしは車乗っとく」と言うので父と私の二人で見に行くことになりました。
記念碑は高台にあるので駐車場から坂を登っていると、小学生くらいの女の子が下に見えました。

駐車場の横にゴミ箱が有ったのですが、その子はその後ろにいまして、1,2秒目を離したら消えていました。
でも、ゴミ箱の周りにはうちの車しかないし、隠れる場所はないのですよ。

まあ、車の後ろにでも行ったのかな?と思ってそのまま登りました。(うちの車は父の仕事用で大きいので私の視界から消える位置に隠れるまで実際は10秒はかかるので、後で考えるとその時点で変)
その後、帰ろうと車に乗り込んだ時、弟が「兄ちゃん何か見えた?」と聞いてきました。(弟は私の霊感のことを知ってるから)

「いいや。そういえば兄ちゃんが登りよった時に車の横女の子が通ったやろ?」と聞くと「?ううん」と答えました。

有り得ない。

だってその子を見た時弟は窓から顔出してたんだから。
私から見えないところに行くためには、絶対弟の前通らなければいけないんです。

まあ、こんなことはいつものことだから別に気にも留めなかったんですけど、そのときの母の一言が一寸怖かった。

「・・・・・・・・・連れて帰りなさんなよ。」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!