霊を追っ払った時の話

私がまだ専門学生だった頃、友人に憑りついた霊(だと思う)を追っ払った時の話です。

当時、私は学生寮に住んでいて、そこからちょっと離れた所に墓地がありました。
寮に住んで2年目の夏、近所の夜祭りに遊びに行っていた友人山下と他数名(私は行っていない)が『近道だから』という理由で、墓地の真ん中を通って帰ってきたのです。

次の日、朝飯を食いに食堂に行くとなんだか賑やかでした。
話を聞くと、山下が昨夜怖い体験をしたらしいんです。

・寝ていると、体の上に重いモノが乗っている感じがして目が覚めた。
・起き上がろうとすると体が動かない。
・足先に妙な感触がする。髪の毛のようだ。
・首も上手く動かず、目だけで足先を見てみると、なにやら黒っぽい人影が見えた。
・髪の毛の感触は、ゆっくりゆっくり足先から太もも、股間、腹・・・と移動してくる。
・胸まできて、もう一度人影を覗き込むと女の人っぽい。顔は不明。
・このあたりで失神。

と、いった内容でした。

寮は全て2人部屋構成で、同室の友人は全く気づかなかったと言っています。
皆は「あー、連れてきちゃったんだよ」「怒りに触れるよーなことした?」など、半分面白がって聞いていましたが、山下は真っ青な顔してます。

次の日の深夜、山下が他の友人の部屋(山下の部屋の正面)に転がり込みました。

山下:「また出た!!助けて!!」

山下は、顔真っ青、全身汗びっしょり、すっかり怯えて震えていたらしいです。

状況は前夜と同様、足先から体をじっくり眺められるように髪の毛が移動してきて、今度は人影の顔が山下の眼前まで来たらしいのです。
でもその人影には顔が無かった。
目も鼻も口も・・・。

ここで山下絶叫。
声になったのか、ならなかったのか、同室の友人や近くの部屋には聞こえなかった。
そして山下は、絶叫した瞬間に体が動き、逃げ出せたらしいのです。

その日は逃げたものの、山下はかなり怯え疲れきった様子。
『こりゃマジか?、どーにかならんか?』と寮の友人達と話し合った結果、しばらくの間、山下の部屋に4~5人常駐することになりました。

部屋は8畳で2階立てベッド×1、机×2と、かなり窮屈でしたが適当に体を曲げて雑魚寝してました。

当番制で山下の部屋に寝続けること1週間、人影は現れること無く過ごしましたが、私が山下の部屋で寝た夜に、再び現れました。

山下が気付いたときには既に『顔無しの顔』が眼前にあったそうです。
山下がこの時、「もうダメだ、殺される」と思っていたら、突然、友人後藤の大声が聞こえたのです。

後藤:「帰れ!!2度と来るな!!」

すると、フッと人影が消えたそうです。

その声に驚いて私達も起きたのですが、山下の顔を見てまた驚きました。
山下の顔に細かい傷が無数にあるのです。
ひっかき傷のように見えました。

そのことを知って鏡を見た山下は失神。
とりあえず山下に薬だけ塗って、私達は一晩中起きていることにしました。(後から知ったが、体中に傷がついていた。)

大声で撃退した後藤は「俺は霊感なんて全く無い」と言っていたのですが、話を聞いたところ、「山下が寝てるそばに、大きな黒い塊みたいなのが見えた。たぶんコイツのせいだろう。」と思って気合一発、大声を出したらしい。

この夜を境に、人影が姿を現すことがなくなりました。
山下の護衛(?)は2ヶ月程続け、後は1週間に1度くらい皆で寝泊りし、当時かなり怯えていた山下も無事復活できました。

専門学校を卒業して10数年になりますが、山下は今でも毎年、私や後藤、友人達に地元の名産とか送ってくれてます。

私は酒飲んで寝てただけだったのに・・・w

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!