彼女の運命

私の知人から聞いた話・・・。

その知人の、そのまた知人Aはその昔、大阪で仕事を持ち、そのAの彼女は東京で2人は遠距離恋愛をしていた。
その年の夏になって彼女は久しぶりに大阪のAの元へ行く事になった。
そしてその前日の夜、Aは夢を見た・・・。

片腕片足、そして頭半分しかなく、しかも脳味噌が垂れている彼女がAに向かって手を振っているのだが、Aはなぜかただ突っ立っていることしかできず、それが悲しいのかただ泣いているだけ。
やがて彼女はAから離れ、やがて消えていった・・・。

翌朝、Aは『嫌な夢を見たもんだな・・・』と思いつつも、会社へ向かい、ほどなくして仕事は終わった。

その日の夜彼女が来るわけだが、帰宅してまもなく彼女の母親から電話が入ってきた。

そう、その日は1985年8月12日、群馬県御巣鷹山中に日航機が墜落し、彼女はそれに搭乗してたのだという・・・。

数日後、Aが御巣鷹のふもとで見たのは、そう、右手右足、そして脳味噌が垂れた右頭部しかない彼女の遺体だった・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!