100円幽霊

1か月くらい前の午後11時頃、駅で切符買おうとしたら、二十歳くらいの男の人がススッと寄ってきて、「100円で良いのでお金下さい」と言ってきた。

なんだこいつ!?と思ってその人を良く見てみると、結構背の高いちょっと猫背ぎみだが、ジーンズに白いTシャツ姿の極普通の人だった。
私はなんて答えようか迷ってしまい、もたもたしているうちにその人は無視されたと思ったのか、居なくなってしまった。

そんなこともすっかり忘れていた昨日の夜。
家の近くの自販機でジュース買おうとして100円玉を入れたが、何回入れても戻ってきてしまって買えない。

返却口から取り出して入れて、取り出して入れてをしばらく繰り返した頃、ふと、後ろに気配を感じた。

振りかえると、あの男の人があの時と全く同じように立っていた。
ちょっと猫背なところもそのままに。

驚いて声もでない私に向かって、「その100円は・・・」とだけ言うと、掻き消すようにフッと消えた。

一瞬の出来事だったので私は気のせいと思い込む事にしたが、なんか気持ち悪いので、その100円はコンビニで使ってから家に帰った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!