可愛い幽霊がいるわけない!

父の話です。

去年の冬頃、父が夜中にレンタルビデオを返しに行った。
帰ってくると今さっき可愛い女の子に会ったと言う。

こんな夜中に出歩くなんて危ない子が居るなぁ・・・と話を聞いているとまたおかしい。

内容はこうだ。

自宅付近は寂びれた古い住宅街なので、夜中は車や人影が少ない。
なのに歩道に高校生くらいの女の子が居たらしい。

背を向けて歩道の草むらに手を突っ込んでしゃがみ、何かを探しているような格好・・・。
それが横断歩道の脇だったので、ちょうど赤になった信号で車を止める父。

父:「キミ、何してるの?」

何となく話し掛けた。

女:「探し物」

振り向きもせず女の子は答えたそうだ。

父:「何を?」
女:「ボール。ここで無くしたから」

父:「そうか。でも遅いから早く帰らないとなぁ」
女:「わかった」

父:「気を付けなよ」

信号が青になり車を発進させた。

バックミラーで確認したが、女の子は見えなくなるまで草むらをガサガサやっていたらしい。

父:「可愛い子だったぞ」
私:「は?振り向いてないのに何で可愛い子だったって言えるの?」

父:「それがな・・・」

話には続きがあった。

帰ってきた父が駐車場に車を止めた。(自宅から駐車場は少し離れてる)
車から降りると、20mくらい離れた場所にの女の子が立っている。
服装と髪型からしてさっきの子だ。

その子は不思議そうにしている父の顔を見ると、にっこり笑って走って行ってしまったそうだ。

おかしいよね、車と同じスピードで付いてくるなんて。

私:「・・・それ幽霊だよ」
父:「何言ってるんだ、あんな可愛い子が幽霊なわけない」

幽霊はみんな血塗れだと思ったら間違いだよ、父。
馬鹿父です。

とりあえず何も拾ってこないようにしてほしいな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!