切腹する人の気持ち

小1の春休み。
初めて徳島の親戚の家に遊びに行った時の話。

畑の隅に、戸口も窓もはずされたボロ屋があり、私は好奇心につられてその家にあがりこんだ。

玄関脇の三畳間には、畳一面にどす黒いものが染みついており、壁や柱にもべたべた赤黒い手形や指の跡がついている。

あまりの気味悪さに「工事の土だ」と自分を納得させたのだが、その日の夕方から腹痛が始まり、下腹に筋肉割れのような筋が何本も走った。

親戚のおばあさんはそれを見て、「○○ちゃん、あの家に入った?」と。

私:「入った」

すぐに祈祷師のような太ったオバサンが呼ばれ、拝んでもらって、腹痛は治まった。

あとで聞いたところでは、日本が戦争に負けた時、その家の三畳で切腹自殺した男性がいたのだそうだ。

介錯なしの切腹だから、彼は朝まで転げ回って苦しんだらしく、壁や柱の手形指形はその時のものなのだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!