謎の”長靴”の正体

今誰も書いてないから俺が実際体験した話を書く。

俺は大学生時代(2、3年前)に、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。
大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるようなとこだから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を登っていた。

ある夏の日、夜まで研究室で実験をしなくちゃいけないことになってしまった。
夜中でも室内はジメジメ暑くて泊まるのは嫌だったから、なんとか終わらせて施錠してさっさと帰ることにした。
一人で山の坂道を通ることは何回かあったし、綺麗に舗装されてるからたまに通過する車のおかげでそんなに怖くなかった。

で、山の真ん中らへんの少し開けた場所まで下った。
ここは公衆トイレや自販機を置いてる簡素な公園があって、柵を越えたらすぐ森に繋がるようなほぼ自然!という場所。

その公園をさっさと通過しようとしたんだが、ふと公園の中に見慣れないものが見えた。
自販機の光にほんの少し照らされてたけど全貌は見えず、でも足元?の長靴みたいなのが遠目でも確認できた。
少しだけ見てたけどキチガイだったら怖いし、オカルティックな物にはあまり関わったら悲惨なことになりそうだと思って、急いでアパートに帰って寝た。

そのことは研究室の先生方や後輩に話てみたけど、何も情報は無し。
早朝、研究室の鍵を借りる時に仲良くなった守衛さんに聞いても収穫0。
見間違えか、ただの変な人・・・ということになって、一応注意する程度で心に止めておいた。

それから秋頃(まだ暑かったから夏の終わり頃かも)にまた夜中まで実験が伸びてしまって、一人で帰ることになってしまった。
しかし、例の公園前を通過したけど、今回は特に何事もなくそのまま帰宅・・・・・・。
と思ってたらやっぱり変な長靴がいた

多分少し場所が変わってたけど、今回も自販機に照らされていた長靴が見えた。
俺はその時謎の冷静さで長靴をじっと見て様子を伺ってた。
もし近寄って来ても自転車走らせたら余裕だろ・・・・・・と、今思えばかなり楽観的だった。

それからぼうっと長靴を見ていたら、ザリ・・・ザリ・・・と音がしていたことに気が付いた。

何だこれ?と思っていたら、長靴が地面をスライドしながら少しずつ近寄って来ていた音だった。
そしてスライドしながら近寄って来たことで自販機の光が長靴の少し上あたりを照らした。

もさっとしたズボン?で、胴から頭らへんは影で輪郭しかわからなかったけど、かなりの長身デブ体型に尻みたいな頭で、顔や腕は暗くて確認出来なかった。

もうありえないくらいびっくりして、蒸し暑かったけど全身鳥肌で体の芯が凍りついたまま自転車を全速力でこいでアパートに逃げ帰って、フル電気付けて一夜を過ごした。

後日研究室であったこと全部話したら、体調や精神を心配されて先生方や後輩が実験を多少手伝ってくれただけで終わった・・・・・・。

それから大学卒業するまでは夜中まで実験したら学校に寝泊りすることにして、卒業まで長靴の変なのを避けるようにした。
結局今は何かしらの悪影響や不運もなく過ごしているけど、最近あれの正体が気になって仕方が無い。

胴から上は輪郭だけなら、デジモンに出てくるヘドロモンみたいな感じに近いと思うけど、調べてもわからなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!