まだ連れて行かれるには早かった

俺のじーさんは俺が2歳の時に亡くなった。

その後しばらくして、俺は麻疹になった。
脳炎寸前まで悪化して、お袋も親父も大変だったらしいが、そんなある晩、お袋が俺と一緒に寝ていると、何故かじーさんが枕元に立った。

じーさん:「A(俺のことね)は私に懐いているし、連れて行くよ」

と、俺を連れて行こうとするじーさん。
お袋、必死で止めたらしい。
ちなみに俺は霊感皆無ですがお袋は見える人。

その翌日には俺の熱も引いたそうですが、あれで連れて行かれてたらどーなってたんでしょうかね。

今じゃ洒落にしかならない小ネタで失礼しました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!