もう夏の山奥の実習は勘弁してくれ

大学の実習で山の奥の寺に1週間泊ったんだよ。

他の民家まで車で1時間。
脱走してコンビニとかマジ無理なくそ田舎。
まあ、どの道斜面の草刈りとか枝払いとかで疲れて、夜はすこぶる健康的に早寝ですよ。
死神みたいな鎌振りまわすのは面白かったw
夜は夜でY談したり、トランプしたり、女子の風呂覗きに行ったり。

で、最終日も近くなった日のこと。
樵のおっちゃんが見せてくれた木の上り下りがカッコよくて、仲間内4人で盛り上がったんだ。

杭?とロープでさっさって昇って、それで頭を下にして降りるやつ。
それでさっさと割り振られた仕事終わらせて、実習所の納屋からその道具持ちだしてチャレンジすることにしたんだわ。
先生に見つかったら怒られるからちょっと離れたところでね。
友人は血液型的に、A:B:ABにしとく。
ちなみに自分はOね。

4人であれやこれや試しながら杉だか檜だかの木に登ってたんだよ。
昇るのは結構できるんだけど、頭下にして降りるのが難しくて。
というか木の上で回転自体がむずい。

B、ABはわりと早くできたんだけど、自分とAがなかなかできなくて、二人にアドバイスされながら頑張ってようやく出来たんだ。
それでできたのが嬉しくて、皆してスパイダーマンみたいに登ったり降りたりを繰り返してたんだ。
ちなみにそれぞれ別の木に登ってた。

で、はしゃいでたら突然Aが持ってた杭を木に叩きつけたんだよ。

なんだよ!ってびっくりしてそっちを見ると、すげーびびった顔で必死に指を口に当てて黙れってジェスチャーしてきたんだよ。
訳わかんなかったけど、一応うなずいておいた。
そしたらAが手に持っていた杭で下の方を指したんだ。

なんだよって顔を上げると、うす暗い森の中を動く白い物体があった。
普通影とかでちょっとは暗くなるはずなのに、それだけ紙みたいに真っ白だった。

大きさは2~3mくらい。
なにかが布を被ったような感じ。
でも、前を見るための穴とかもないし、それに歩き方が妙なんだよ。
歩くと多少揺れるじゃん。
でも、それがなくてすーって滑るように動くわけ。

足もとの悪い山の中をだよ。
全員木の上にいたから逃げようもなくて、ガクブル。
自分とABなんて逆さになってたから血の気引きまくり。
Bはちゃっかり上の枝の所に腰かけてたな。

やがて白いものが真下に来て止まったんだよ。
それで上半身を倒すような感じで、下に置いておいた自分たちの荷物をじっと見はじめた。

これは気付かれたな?って思って、とにかく上を見るなと念じてた。
実際には短い時間だったかもしれないけど、自分の中では結構な時間白いものはそうやってた。

で、ゆっくりとした動きで元の形に戻ると、また滑るようにしてどこかへ行った。
でも、すぐに降りるのもしゃべるのも怖くてできなくて、皆ずっと同じ姿勢で固まってた。

次にBがポケットん中から飴?かなんかを取り出して、ぽいってそいつの消えた方向に放り投げたんだ。
でも、なんの反応もなかった。

ちょっと待ってからまた同じように放り投げて、何の反応もないのを確かめてから、枝にロープを巻きつけてすぐに登れるようにして、ゆっくり降り出した。

地面に降りてからまた放り投げて、こっちに手を振ってきた。
大丈夫そうだから、一応Bにならってロープを枝に巻いてから皆木を降りた。

しばらく誰も話さずに白いものの消えた方を見たけど、もう何もないようなんで急いで荷物をまとめてからロープを解いて、寄宿舎にダッシュで帰った。

引率の先生や樵の人に聞いたけど、白いものに関しては何も知らないと言われた。
とりあえず山を降りるまでとにかく怖くて、できるだけ皆と一緒にいた。
トイレも連れションw
窓の外も怖くて見れなかったな。

結局なんだかよくわからなかったけど、怖かった話。
夏になったらまた実習とか勘弁して下さい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!