最後にタバコを一本・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

自分の中では後悔している話。

9年前に祖母が亡くなった。
もう何年も入退院してて、その度に「もうダメだろう」と先生に言われていたけど、その度になんとか持ちこたえた。

だけど、最後の時は意識朦朧、話せないで今回は本当にもうダメだろうなと悟った。

私は病院にいたけど一旦帰宅。

その日の夜。
不安からか中々寝られず友達と電話し気を紛らわしていた。

いつのまにか寝ていたんだろうね。
夢の中にいた。
でもなんだかいつもの夢とは違くて、やけに明るく白いモヤモヤした広い空間に、ポツンと置いてあるベンチに座っていた。

なんだここは?と思いつつ、ポケットにタバコが入っていたので吸い始めた。
するとモヤモヤの奥の方から、祖母がやってきた。

まだ歩けてた時の姿でわたしの目の前まで来て「なあ、タバコ一本くれや」と言ってきた。

祖母は愛煙家だったが、病気で数年前からタバコを先生に禁止されていたんだよね。

「ダメだよ。タバコ禁止されてるでしょ?」と言ったら、一瞬凄い悲しそうな顔をしてそのまま無言で立ち上がり、またモヤモヤの奥の方に消えていった。

ていうとこで、起きた。

朝の4時ぐらいだったかな。

『あー電話しながら寝ちゃってたんだー。でもやけにリアルな夢だったな』なんて考えてたら突然自宅の電話が鳴り響いた。

祖母が亡くなったという病院からの電話だった。
急いで病院に向かった。

おばあちゃん、最後会いに来てくれたのにごめんね。
タバコの一本でもいいから吸わせてあげれば良かった。

病院に向かってる最中ずっと後悔していた。
今でも後悔している。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!