幽霊VS接客のプロ

以前働いていたホテルは24時間営業となりますが、レストランは深夜に閉店作業となります。

22時に閉店し23時には清掃も終わり、売上を金庫にしまうのが24時。
金庫はホテルの事務所にあるので、金額確認をレストランの責任者と済ませ、サインしてしまいます。

ある日、24時を回っても売上があがってきませんでした。
そんなことはよくあることで、レシートの合計とドロワーの現金が合わないとか、新作の試食会を夜中にやってることもあったので・・・。

事務所でレストランに監視カメラを切り替えると、テーブル席の方に何かが動いています。
監カメは普段4分割で厨房、レジ、テーブル席1、テーブル席2が1画面になってますが、テーブル席2は店の一番奥、厨房から1番離れた位置になります。

画面をテーブル席2に切り替えると、そこで赤いワンピースの女性がバタバタもがいているのです。

『お客様が残ってるのに何してんのよ!』

急いでレストランに向かいました。

ドアを開けると誰もいません。

奥の厨房は明かりがついていて、「今日は締めが私だけなのよー。遅くなってゴメンねー」とおばちゃん。
少し考えて、「ドア空けておくね。何かあったら事務所にきて」とだけ伝えて戻りました。
客席の辺りは真っ暗で、たとえ誰か居たとしても見えるとは思えなかったのです。

事務所に戻りもう一度、監視カメラでレストランをみました。
4分割の画面に異常はありません。
テーブル席2は真っ暗です。

気にはなりましたが、仕事も残ってるし、いつも通り数秒おきに画面がロビー、レストラン、売店、通路、事務所に切り替わるように設定し直しました。

そして事務所が映ったときに、私の頭のすぐ後ろに赤いワンピースの女が映ったのです。
私の後ろにピッタリと。
振り向かなくても気配も感じます。

南無阿弥陀仏だっけ?
お経?はんにゃはーらーとか言うんじゃないっけ?
そうだ!怖がらずに笑顔で接する!
私は接客のプロなのよ!

満面笑顔で振り向きました。
すると、キャーっと消えてしまったのでした。

夜勤パートナーに、監視カメラにお化けいた話をすると、「◯◯は見えてなかったのか?」いつもいるよ、と平然と言ってのけるのです。

元自衛官で冗談言うタイプじゃありません。

「何?見えちゃう人?」と聞くと、昔からよく見てた。
そのせいで前職(自衛官)は辞めた。
このホテルにいるのなんかかわいいもんだ、と。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!