俺だけに聞こえる悲鳴

九州から大阪へ向かう夜行バスに乗ったときの話だ。
時間はよくわからないが、夜明け頃だったと思う。

夜行バスには乗り慣れていたから、いつもは目的地まで余裕で熟睡できる俺だが、その時は、なにやらうめき声のような音で目が覚めてしまった。

「ううううぅ・・・・・・ううぅ・・・・・・」と言った感じで、やけに苦しそうな声だった。

誰かうなされてるのかなあ?と思っていると声はどんどん大きくなり、「ううぅ・・・・・・う・・・・・・んてんしゅさあん・・・・・・うぅぅ運転手さあん・・・・・・」と、何度も何度も「運転手さあん」を繰り返し始めた。

ところがバスは乗務員の休憩中でPAだかSAだかに停車している。
運転手は車外だ。

俺は他の客が心臓発作でも起こしたのか?と思って席を立ち、シートを覗き込みながら出口に向かった。
ところが、みんな寝ている。

こんなにでかい声でうめいているのに、みんなシカトかよ・・・と最初は思ったが、シートの最前列までたどり着いてやっと気付いた。

みんな寝てるのに、誰がうめき声を上げてるんだ?

すると、声はボリュームを絞るようにどんどん小さくなり、消えていった。

最前列の爺さんが目を覚まし、不審そうな目でこっちを見ていた。
変な疑いを掛けられても困るんで、そのまま席へ帰った。

もう一睡もできなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!