”それ”を見ても触れてはいけない

知人から聞いた話。

知人の家には、昔から幽霊が出る。
時々、玄関から入ってくる、喪服姿の中年の女性がいるのだ。
彼女はひたひたと廊下を渡り、階段をのぼって、二階へ消える。
最初は不審者かと思ったが、違うらしい。

彼女が二階へ行くところは何度も目撃されているが、そのあとは忽然と消えてしまう。
そしてまた忘れた頃に、玄関から入ってくるという。

彼女の身体は一見するもそこにいるように見えるが、触れようとすると、すっと通り抜ける。
そしてそのあと、高熱を出す。
だから彼女が現れると、家族全員道を開けて、絶対に彼女の身体に触れないようにする。

こういう話にはたいてい、なにかしらの因縁因果があったりするのだが、その家には特にそういうものはないらしい。
土地も建物も、一切瑕疵はないそうだ。
おかげで対処のしようもないと、知人の親は嘆いていた。

知人は一度、彼女のあとを追いかけてみたことがあった。

彼女は階段をのぼると、ひたひたと廊下を進んで、なんと知人の部屋へと入っていった。
そして押し入れを開けると、下の段へと入り、ぴしゃりとふすまを閉めた。
知人は恐る恐る押し入れ開けてみたが、彼女の姿はなかった。

「だから私、ずーっと押し入れがこわくって」

知人はそう言って笑った。

「いつか、押し入れから彼女が出てきたらどうしようって、ひやひやしてるんですよ」

知人は今も、その家に住んでいる。
女性は今も、時々訪ねてくるという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!