やっぱり気持ち悪いから契約しなかった

S線K駅の不動産屋:駅から徒歩15分、大通り沿いの物件を紹介された。
事故物件だが事件や自殺ではなく病死だという。
言い忘れたが俺は少し霊感がある。

不動産屋の口頭説明で、間取り図も見ないうちから、白い塗り壁に茶色いフローリングで、ロフトのある部屋だとなぜか解った。
というか、自然と脳裏に浮かんだ。

フローリングの床に、窓側が頭、玄関に向かって足を広げて、がっちりした50がらみの真っ黒な男が寝転がっている。
キッチンや風呂トイレの様子はわからない。

おそらくドアを開けて左側にあるだろうとは感じたが、やけに幅の狭い部屋で、真っ黒な男はふてくされたような茫然としているような・・・。

慌てて話を遮り、予算より1万円ほど安い別の物件を見に行くことにした。

腐食した金属の外階段しかない4階建ての4階。
ベランダはなく窓には庇も雨戸も網戸もないが、日当たりは良好。
部屋も2間あり広々としている。

洗濯機は中置きで、前の住人が置いていったピンクの全自動がそのまま置いてあった。
押し入れと部屋の真ん中でヤマトゴキブリが死んでいる。
風呂場は磨りガラスの引き戸を開けるといきなりタイル張り、シャワーはなく蛇口のみ、低い台座の上に風呂釜。
隅に年取った女がいる。
霊感があるがはっきり見てしまったのはこの時だけだ。
こちらを気にしてはいないが、いなくなりそうにない。

たぶん不動産屋(の営業マン?)と俺の「波長があった」んだと思う。
自分一人では何も感じないタイプだから。
ちなみに営業マンは気のいい調子のいいオッサンだった。

その不動産屋では結局契約しなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!