深夜、何者かが舐めまわす

友人の話。

バイクで一人旅をしている途中、ある峠道でビバークすることにした。
ぐっすり眠っていた真夜中、不躾な邪魔者に目を覚まされた。
何かが彼女の顔を、暖かく濡れた舌でベロベロ舐め回したのだ。

不快な感触に飛び起きたが、自分以外の姿は何も見えない。
だのに、何かが彼女をしつこく舐め回し続ける。
大慌てで寝袋から抜けだし、手足を振り回して奇声を上げるうち、見えない何かはガードレールを乗り越える音だけを残し、山奥に去って行ったという。

大学のサークル室で青筋を立てながら報告する彼女に、先輩が地図を持ち出した。

先輩:「それ、ここいら辺の山じゃないか・・・あぁやっぱり。そこの山々って、昔はムスビ山って言われてたそうだよ。ムスビってのは“産び”と書くらしい。山の神様に舐められた女性は、子宝を沢山授かるという有り難い所だって」

友人:「子宝ねぇ」

まだ現役の学生だった彼女は、そう言って顔を顰めていた。

ちなみに彼女、卒業してからこれまでずっと独身を守り通している。
だものだからムスビ様の神通力は、今のところ確認できていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!