2度体験したから、やっぱりヤバい

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

山仲間の話。

雪で山小屋に足止めをくらっている夜のこと。
寝ていたところ、人の話し声で目を覚まされた。

小屋の隅の方で五、六人が車座になって、何やらガヤガヤと話し込んでいる。
結構大きな声だった。
常識がないなとムッとし「少し静かに話してくれませんか」と注意した。

すると話し声がピタリと止まり、車座の皆が顔をこちらに向けてくる。
薄暗い中で、何故か顔だけが白く浮き上がってはっきりと見えた。
こちらを向いた一団は、皆がまったく同じ顔をしていた。

その後の記憶がはっきりしないのだという。
ハッと気が付くと、小屋の中は既に曙光で白んでいた。
いつの間にか夜が明けていたらしい。
雪も止んでいる。

山小屋の中にいるのは彼一人だけだった。
思わず、昨夜彼らが座っていた辺りを調べてみた。
床の上には、誰かがいた痕跡など塵も残っていなかった。

その時は悪い夢でも見たのかと思って済ませたのだが、その二年後、同じ山小屋で寸分変わらず同じ体験をしたそうだ。

やはり雪の夜で、一人きりの時に。

「もうあそこは利用しない。俺とは相性が悪過ぎる」

彼はそう言ってぼやいていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!