そこに誰がいて座っていたのか思い出せない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

祖母の四十九日法要後の会食での出来事。

当時留学中だった私は葬儀に帰国できず、この日に合わせて日本に帰りました。
法要が済み、親戚一同で旅館へ移動。
広い宴会場で食事をすることになりました。

ところが、テーブルには人数分の食事が用意されているはずなのになぜか、一人分席が足りません。

旅館側にはきちんと人数を言ってあるのだから、そんなはずはないと、みんな周りを探します。
私もよく見ましたが、どこも席は埋まっていました。

おかしいなぁ、とみんな首を傾げていましたが、仕方がないので旅館に指示しもう一つ余分に席を設けました。
食事が終わり、奥様方が残ったお料理をおみやげ用のタッパーに詰め始めました。
すると突然、叔母の一人が言いました。
「あらっ、ここ誰も座ってなかったの??」

見ると、私が座っていた席の真向かいの席は全く誰も座った形跡がないのです。
料理はもちろん、ビールのグラス、日本酒のおちょこ、割り箸・・・。
どれも手つかずで、そのまんまの状態でした。

あれほどみんなで空席を探したのに、そのときはどこも人が座っていたはずなのに。
でも、そういえば誰が座ってたのか、思い出せない・・・。

別の叔母に「きっとY子が帰ってきてくれたから、おばあちゃん嬉しくてそばにいたんだよ」と言われ、私は堰を切ったように泣き出してしましました。

優しい祖母が私は大好きでした。
きっと、あの時一緒にいてくれたんだと思います。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!