復讐のために探し続けている

私は長距離トラックドライバーの仕事をしています。
大体関西から関東、東北へと仕事へいっています。

約3年ぐらい前に栃木まで荷物を運び、帰りは埼玉のとある工場から関西へ運ぶ仕事がありました。
大体埼玉の工場で積み込みが終わるのが20時位でそこから関越~上信越~中央道~名神のルートを通っていました。

金曜日の日だったと思うのですが、いつものように埼玉で積み込みをし、その荷物が月曜日に卸す荷物だったので高速でゆっくり帰っていました。
途中のパーキングで同僚と会い、そこから2台連なって走っていました。

上信越はいつもながら車が少ないですがその日は特に少なく、私たち以外はほとんど走っている車はありませんでした。

上信越にある長いトンネルに差し掛かりました。
ここのトンネルは結構長いのでいつも通るときに少し息苦しい感じがします。

出口付近に差し掛かった時です。
前を走っている同僚が急に障害物を交わすような動きをして車線変更しました。
車間をあけていたとはいえ私もびっくりして慌てて車線変更しました。
しかし障害物などなく、故障車などもありませんでした。

すぐに同僚から電話がかかってきました。

同僚:「おい、今人が3人ぐらい歩いていなかったか?」
私:「いや、なにもなかったよ。疲れてんじゃないの?」

同僚」:「いや、確かに歩いてるように見えたんだけど。見間違いかなぁ。」

とりあえずパーキングに入ってあーだこうだ話をしましたが、そいつのトラックに何かぶつかった跡もなく、多分疲れててトンネルの光の具合で人がいるように見えたんじゃないのってことになり、二人とも疲れていたのでそのパーキングで仮眠することになりました。

同僚の車は寝るスペースが運転席の後ろにある普通のタイプのトラックなんですが、私のトラックはキャンピングカーの上に寝るスペースがあるタイプで、上の寝るスペースには緊急時の脱出用にサンルーフがついていて私はカバーをはずして星空を見ながら横になりぼーっとしてました。

少し眠くなりかけたぐらいでしょうか。
外でなにやら数人の人が話す声が聞こえました。

「このトラックか・・・いや・・・どうだろ・・・・」

私は一瞬で目が覚めて外の声に耳を傾けていました。
警察でも来て何か調べてるのかな?と思ってふとサンルーフに目をやると、なんと少女らしき女がこちらを覗いてるではありませんか!

急な出来事に私は金縛り状態になり声を出すこともできませんでした。

「違うよ~」と言ったと思うのですが、少女はそう言い残しサンルーフから姿を消しました。

慌ててサンルーフを外して屋根を見渡しましたが誰も居ませんでした。
一瞬夢か?と思いましたがサンルーフには手形らしき跡がくっきり残ってます。

怖くなり慌てて外に出ると同僚が何か脅えた様子で外に居ました。

「今・・車の中に誰か数人入ってきて・・・この人じゃないっ消えていった」

私も今起きた状況を説明し私たち二人は慌ててそのパーキングを出発し、帰りもなるべく携帯で話をしながら会社まで戻りました。

会社に帰るとベテランの同僚が居て話をするとその人は「ああ、多分昔の事故のやつだよ・・・。」と昔あの場所で起きたことを教えてくれました。

昔あのトンネル付近で乗用車とトラックが絡む事故があって、乗用車に乗ってた家族3人が亡くなってしまったらしい。
事故原因はトラックの運転手の言い分が通って乗用車の運転ミスということになり、その運転手はお咎めなしになったらしい。

実際、事故原因は分からないが多分あの場所で自分たちを殺したトラックを探してたんだと思う。

私はこれまで霊とかその類の話は信じないほうでしたが、まさか自分が体験するとは思いませんでした。
実際に文章にするとあんま怖くないですがw

サンルーフについた手形を会社の連中に見せたらみんなびびってしまい、社長が祈祷師かなんかに私のトラックをお払いしてもらいました。

現在も上信越のその場所は通りますが、あれ以来見たことはありません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!