最後まで真実を隠して欲しかった

真夜中、友達の男の子とドライブ中。
後部座席からうめき声とか泣き声が陰々滅々とかすかに聞こえる。
湖のほとりの真っ暗な道だったので恐怖倍増。

スピード出してたので、騒音も大きかったから聞こえにくいが、妙にしつこい。

「う、後ろの席から声が、聞こえない?」と聞いたら「ああ、オレの車、後ろにスピーカーつけてっから。今、小さい音でラジオつけてる」と。

なーんだ、私バカみたい、と思ったら、ドライブ終わって別れる朝方、「俺の車、後ろにスピーカーないんだよ。ラジオもつけてない。さっきの声なんだろね」って。

「あの時、オレも聞こえるって言ったら怖がると思ってさ」という彼がかっこいいと思った。

でも、最後まで知らん顔してくれてたらもっとかっこ良かったか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!