脚が欲しくてたまらない

僕が夜勤から帰る途中、突然お腹の方が痛くなってきたんです。
近くのスポーツ公園の奥の雑木林にあるトイレに駆け込みました。
しかし、男子トイレに紙がなかったんです。
(まあ夜中だし誰もいないから良いや)と思い女子トイレに入りました。

用を足していると「カッカッ」と足音がします。

『やばい誰か来た、こんなとこ見られたら変質者と思われる』

用を足すのを止め、息を潜めます。

「カッカッ」
足音がだんだんこっちへ近づいて来ます。

「カッッカッカッカ・・・・・」
足音が僕が入ってる個室の前で止まりました。
(もしかして管理人か警察かも。ここは正直に事情を話そう)

「すいません、男子トイレに紙がなかったんでこっち使ってます」

返事がありません。
ただドアの向こうから無線音のようなものが聞こえてきます。

「・・あ・・・・・・・・・・・い・・」

何をしているんだろう?とドアの下の隙間から覗き込むと、裸足の女の足が見えました。
しかも片足だけ!!!

『なにが起こってるんだ!?』

混乱していると無線音のような声が段々大きくなってきます。

「・・あ・・・・・・・・・・だ・い・・」
「・・あ・し・・・・・・・・・だ・い・・」

よく聞くと女が唸ってる様な声です

「・・あし・・・ちょう・・・だい・・・」

(足頂戴!)言葉が聞き取れた途端、下の隙間からニュ~っと綺麗な女の手が伸びて来て僕の足をつかみました。

つかまれたと言うよりは重いひんやりとした空気に包まれたような気分でした。

「アワワワワワ・・・・(俺の足どうなっちまうんだろ?)」

僕は恐怖で固まってしまいましたが、ゆるむところはゆるんで第二波が駄々漏れ状態でした。

手はしばらく僕の足をつかんでいましたが、僕の足が毛深く汚かったからでしょうか、「こんな足イラネ!」と言わんばかりに手を離しスゥ~っと隙間から消えていきました。

僕はそのまま気を失い朝までトイレで寝てました。

後日地元の人から聞いた話によると、そのスポーツ公園前の道路で女性が車に撥ねられたそうです。
一命は取りとめましたが、足を一本切断してしまいました。

モデルをしていたその女性はそれがショックでショックで公園奥の雑木林、僕が用を足したトイレの真裏の松の木で首を吊って自殺しました。

それ以来そこの女子トイレで一人で用を足していると「足頂戴」と言って出てくるそうです。

幸いその女の霊が気に入る足がなかったのか足を取られた人はいないそうです。
僕は思います。

足が綺麗な女の人は、決して一人でそのトイレを使わない方がいいですよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!