ご近所全てでポルターガイスト

友人が呼び鈴に応じ、ドアを開けてしまってから三日後。
姉妹の部屋で異変が起こった。

置いてある物が、空に浮かび上がって飛び回り始めたのだ。

「うひゃぁ!」
「ひぃ!」

悲鳴を上げながら、頭を庇って外廊下へ飛び出した。

驚いたことに、廊下に出て来たのは二人だけではなかった。
隣近所の住民が、皆外へ飛び出している。
聞けば、やはりどの家でも、ポルターガイストのような現象が起きたらしい。

「管理人呼びましょうか?」
「いや、どちらかと言えば御坊さん呼んだ方が」
「神主か牧師の方がいいのかしら」

怪現象が追ってこない外の廊下で顔を付き合わせ、そんな不毛な会話をしてしまう。
ま、部屋にはとても入れないしね。

皆でしばらく悩んでいると、部屋内の騒音がパタッと止んだ。

「あぁ、治まったみたいだ」
「明日早いっていうのに、とんだ迷惑だな」
「火、消してたかしら」

住民は口々にそんなことを言いながら、平然と自分の部屋に戻っていく。

「何というか、みんな慣れてきているなぁ」
「私らもだけどね」

姉妹も部屋に戻ることにする。
物が散乱した光景を見て、二人揃って溜息を吐く。

「誰が掃除するのー?」
「あたしら以外にいるっていうのか?」

嘆いていると、周りの空気の雰囲気が変わった。
また!?
慌てて外に出ようとした、その時。

「奥の壁にね、人型の影が浮き出したん。床から天井まで、ピッタリと頭から足が収まった細長い人影が。うーんとね、非常出口の表示灯があるじゃない。あの白と緑の。アレに書かれた人型、正にそのままの形してたよー」

「うんうん、ホントそうだったよね。頭の横に“非常口”って文字があったらピッタリな感じ。その影がね、そのままスゥーッと横滑りして、ベランダへ飛び出して行ったの。その後はもう騒霊騒動は起きてないから、アレが原因だったのねー」

・・・飯作ってやるから来いと呼ばれて、そんな話を聞かされてもなぁ・・・。

二人の合作料理を食べながら、頭が痛くなった私だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!