あんなの初めて見た、妖怪?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ゆうべのこと。

自分の部屋はカーテンが薄くて、外が商店街だから、夜に電気を消しても窓外の灯りで室内がうっすら明るいんだよね。

で、夜中に急に咳き込んで目を覚ましたら、ベッドの足元に身長2mぐらいの真っ黒で痩せた影法師が立ってる。

ベッドの足元と壁との間は5、6㎝しかないから、人間が立てるはずはない。
ああ良かった、殺人鬼じゃなくてただの幽霊だ。

コイツ何する気だろうと思って見てたら、影法師はどんどん伸びて、天井に張り付いても伸び続けて、ベッドの頭上の天井の角まで来て下に折り返して、Π型になって自分の顔の上まで逆さまに降りてきた。

幽霊にのしかかられたことは何度もあるけど、こんな遠回しな金縛りフォームはかけられたことがない。

んでどーするのよとジッとしてたら、影法師は自分の顔の上を直角に折り返し、身体の上をすべりながら、足元のほうに向かってふーっと消えていった。

定規みたいにカクカクっとした正確さだったけど、顔の上を通る時、日向で蒸された犬みたいなケモノ臭が少しした。

あんな変な幽霊、初めて見たよ。

金縛り的な重苦しさはまったくなく、紙みたいに儚い薄さだったから、今思うと幽霊じゃなくて板モメンの類だったのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!