あの部屋の点検は絶対にしたくない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

電○保安○会で働いてたときの話なんだけど。

一般家庭(低圧の電気設備)の点検で山の中にある寂れた旅館にいったんだ。

その旅館に付いたのが16時ちょい過ぎで時間的にも最後のお客さんで終わったら引き上げようと思ってた。

そのときの季節は夏だったんだけど、山の中ってこともあってあたりは薄暗かった。

訪ねると女将らしき人が出てきてくれたので業務内容を説明して了解を得て点検を始めた。

その旅館は結構広くて女将に配電盤の場所を訊ねたんだけど、女将は設備に疎いらしく分からないという答えが返ってきた。

当然、私も広すぎて分からないのでまず外に付いてる電気メーターのところで漏電を測定する事にした。

電気メーターを探して外を歩いてたら旅館は二つに別れてるのが分かった所謂、別館ってやつ。

電気メーターを見つけるのも一苦労でやっとのことでメーターを見つけた。
メーターは別館の壁に付いていた。

壁に付いてると言ってもぱっと見は分からなくて扉を開けると見える感じ。
その扉を開けた時だね。

サーッと冷たい風が吹いた。

なんとなくイヤだなぁと思ってさっさと漏電の測定だけして戻ろうと考えてた。

漏電の測定をやってみたら電灯回路は異常なかったけど動力回路は漏電しているみたいだった。

扉を閉めて本館の方に戻ろうと別館を背にしたとき目線?と言っていいのだろうかなんか見られてる感じがして振り返った。

振り返った先には特に何かが居るわけではなかった。
ただ別館をよく見てみるとガラスが割れたり壁が剥がれてるのを確認できた。

正直使用している感じではなかった。
小走りで本館に戻って女将に動力回路が漏電しているからやはり配電盤を見る必要がある事を伝えた。

先の回答通り配電盤の場所は分からないとの事だった。

漏電の測定値が非常に大きかったので最悪、火災の可能性があると判断した私は女将に旅館内を回って配電盤を探してもいいですかと訊ねた。

すると女将は「いいですよ。でも、別館の方には行かないで下さいね。」との回答が返ってきた。

旅館は誰一人として客が居ないから廊下に灯りもついてなくて時間も時間だしかなり暗かった。

配電盤を探して旅館内を彷徨っていると大きな扉があった。

開けてみるとそこは本館と別館を繋ぐ渡り廊下だった。

渡り廊下をちょっと進とまた大きな扉・・・と言うか磁石でくっ付く仕切りがあってその仕切りは南京錠2つで強固に閉ざされてた。

仕切りは微妙に隙間が開いていて冷たい風がこちらに吹いているのが分かった。

私は配電盤がないのを確認したので戻ることにした。
女将が言っていた別館の方には行かないでとうこともあり早めに立ち去ろうと別館に背を向けたとき、先ほどの目線?視線?を感じた。

私はすぐに渡り廊下を出た。

情けない話しだけど、その時の私はもう怖くて祈るような気持ちで配電盤を探してた。

結局、動力回路の配電盤は本館の地下に行くための階段を降りた先にあった。
そこも薄暗くて怖かったけどもう勝手に電気つけて点検する事にした。

とにかく明るくしないとやばいと思ってた。

配電盤の点検の結果、動力回路の漏電箇所は別館動力(回路名)だと判明した。

この別館動力回路は別館に動力用の電気を送ってる回路なので当然別館にも配電盤があるのだ。

つまり別館に有るであろう動力配電盤を点検しなければならない。
私は女将に別館の配電盤が漏電しているので見せていただけないかと交渉した。

女将は「別館には配電盤はありませんし、私にはわかりません。」と言うなんともよく分からない答えが返ってきた。

女将は明らかに別館に行きたくない様子だった。

正直私も行きたくないけど火災になったら嫌だったので危険性を説明してなんとか見せていただけないかと交渉していると「別館のことは主人じゃないと分からない」という答えに変わった。

そんな問答をしていると女将の旦那さんが返ってきた。

私は今の状況を説明した。

すると旦那さんは「別館に配電盤はあるが別館には入れたくない」とのことだった。

女将さんと同様に旦那さんも別館に行きたくない様子だった。

行きたくない理由なんて聞けないし聞きたくもなかった。

私は「忙しいのであれば私がひとりで行きますから大まかな場所だけ教えていただけませんか?」と訊ねた。

すると女将と旦那さんから「1人ではダメだと」強い口調で返された。

次に旦那さんはこう切り出した。

「向こうは出るんだ。だからダメなんだ。」

何がでるとは聞けなかった。

仕事モードの私は「出ても大丈夫です。」という意味不明の回答をしていました。

すると旦那さんは「それなら私と行こう」といいました。

私は旦那さんと一緒に本館と別館を繋ぐ渡り廊下に行きました。

本館と別館を分ける仕切りの南京錠を外す前に旦那さんから別館は老朽化が進んでいるので足元に気をつけることと何を見ても驚かないこについて念を押されました。

いよいよ南京錠を外して仕切りを明けた時です。
ものすごく冷たい空気が私に降りかかりました。

明らかに別館は空気が違いました。

別館をライトで照らすと当たりは廃墟同然で昔使っていたと思われる椅子やテーブルがそこら中に転がっていました。

旦那さんは汚い物を見せて申し訳ないと引きつった笑顔で言っていました。
また長居はしたくないから速めに行く、足元に気を付けてと私に言いました。

別館に踏み入れてからは終始誰かに見られている感じがありました。

私は何か喋らないといけないと思って旦那さんと何かを喋りましたが、あまりに怖くて内容は覚えていません。

別館の奥にある小さな部屋までやってきました。

部屋の入口には壊れたドアと陥没した床がありました。

ここだと旦那さんが私に言いました。

最初に旦那さんが部屋に入りその後、私も陥没した床を飛び越えてその部屋に入りました。

入ると右側から視線を感じたため右側を見るとそこには女性の日本人形がかざってありました。

その人形は私をじーっと見ていました。

凄まじい視線を感じてここにはもういられないと思いました。

私はすぐさま配電盤の蓋を開けてブレーカーに測定器を当てようとしたのですが手がふるえて思うようにできません。

私は「手間取ってすいません」と旦那さんを見ながらいいました。

その時の旦那さんの顔はこわばり体はびっしりと汗を書いていました。

旦那さんはポロシャツ一枚みたいで上半身が透けて見えるほど汗をかいていました。

私は震える手でなんとかブレーカーに測定器を当てて漏電している回路を探し出しました。

私はこの3番目の回路が漏電しているのでなおしてくださいと震える声で旦那さんに伝えました。

旦那さんは「分かった戻ろう」と言って私を先に部屋からだしてくれました。

部屋から出てもなお凄まじい視線を感じます。
明らかに近くに何かがいます。

旦那さんも部屋から出てきて早く戻ろうと私に言いました。
私は頷いてもと来た道を戻りました。

戻る最中も後ろにぴたっと何かがいる気配を感じていました。
私は振り返って「それ」を見たら死んでしまうと思いました。

来た道を進んでやっと渡り廊下まで戻ってきました。

旦那さんが本館と別館の仕切りを閉めて南京錠を2つかける音がしました。

私はまだ振り返れないでいました。
いまだに視線を感じていたのです。

大きな扉を開けて渡り廊下から出ました。
視線は感じなくなっていました。

会社から支給された携帯で時刻を確認すると18時28分でした。

戻ると女将が心配そうに聞きました「大丈夫でしたか?何もありませんでしたか?」と。

私は「何もありませんでした。でもやっぱり漏電はしてました。」と謎の受け答えをしました。

すると女将は「良かったです」と何かを察したかのように答えました。

私も旦那さんと同様にものすごく汗をかいていました。

私はその後、漏電箇所改修依頼の書類を書いて判子をもらって電気屋さんに直してもらって下さいね、との趣旨を旦那さんと女将に伝えて帰りました。

帰り際に女将と旦那さんから「ご苦労さま」と言ってポカリスエットをもらいました。

「ありがとうございます、お手数おかけしました」と伝えて帰路につきました。

帰路についた私ですが全く気分が晴れません。
落ち込んだ気分のまま自宅に到着しました。

私は家に入れないでいました。
テレビ番組などでよく見る曰く付きの場所に行ったら「つれてきてしまう」というのが頭をよぎっていたのです。

恥ずかしながら当時結婚していない私は実家にすんでいたので母に「今日はやばい所に行ってきた」と伝えました。

すると母が玄関から塩を持って出てきました。

私の母は直接そういったモノがみえる訳ではないのですが人より第六感が優れている方なので察してくれたんだと思います。

母は私と車に塩をまいてくれました。
私は安心して家に入りました。

母はまず仏壇に手をあわせてこいと私に言いました。

私が仏壇に手を合わせ終わると「数珠はちゃんと持って行ったか?」と聞いてきました。

実は私が就職したときに危険な仕事というわけでなぜか数珠を持たせてくれたのです。

私はいつもそれを持ち歩いていました。
それが守ってくれたのだと私は思いました。

4ヶ月後に旅館の女将から漏電箇所についての電話がきました。

この業務は漏電を発見すると3~4ヶ月後に再度様子を確認しに行かなければなりません。

私はまたあの旅館に行くことになるかと思いきや担当が外れて私は行かなくていいことになりました。

私は女将に担当が変わったから違う者が行くとのことと分かるように引き継ぎをしておくとの事を伝えました。

女将は同じ人は来ない方がいいと言っていました。
私はその意味を理解しないように笑って流しました。

ここからは担当(ここではAさんとする)が変わったのでAさんから聞いた話ですが、Aさんが改修の様子を確認しに電気屋さんとあの部屋に行ったそうなんですが昼間でも薄暗くてかなり気持ち悪かったそうです。

Aさんと電気屋さんも視線を感じたらしく電気屋さんはあんな場所には二度と行きたくないと言っていたそうな。

この話をAさんから聞いてやっぱあそこには何かがいるんだと思いました。

私が体験した山奥の旅館の話でした。
終わり。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!