雨の日に必ず帰ってくる父

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

石じじいの話です。

自動車を八千円で手に入れたじじいは、いろいろな人を乗せてあげていました。
じじいは親切な人間でした。
わたしもよく乗せてもらいました。
こわかったけど。

雨の中、車で走っていると、遍路巡礼姿のかなり年のいった老人が、道端の地蔵堂で休んでいたそうです。

雨が止みそうになかったので、声をかけて車に乗せてあげました。

その老人曰く、お四国を回って結願して自分の家に帰るところだ、と。

彼の言う自宅はそこから遠くはなかったので、家まで送っていこうかと尋ねると、是非お願いしたい、ということでした。

「お遍路さんには、歩いて回ることが大事なんじゃゆうて、車に乗せてもらうんを辞退される人もおるんで」

彼の家に着くと、家の人が出てきて礼を言い、じじいを家の中によび入れて、お茶と食べ物でもてなしてくれました。

久しぶりに帰ってきた老主人である、その老人に家の人々が関心を示さないのが奇異な感じでした。

帰ってきた老人は縁側に座って、そこの若主人(といっても中年)と話をしているようでした。

久しぶりの対面なのに声も聞こえないので、「ひそひそ話か?何か訳があるのか?」と思ったそうです。

話をしていた若主人が、縁側からお盆にのった湯のみとお菓子を持って、じじいのいる部屋に戻ってきたので、「おとうさんは、えろう苦労なさったのう、部屋で休みよんなはるかな」と尋ねたところ、その初老の男性は少し困ったような顔をして言いました。

父は、おそらく三十年以上前に死んでいる。

その主人が言うには、父親は、家庭内の不和が原因で出奔した。
それから一年ほどたって、父は遍路の姿で戻ってきた。

しかし、家に入れて目を離したすきにいなくなった。

「またすぐに家出か!」と思い探したが姿はみえなかった。
捜索願を出しても、見つからなかった。

それから数年後に父親が再び帰ってきた。
またいなくならないように、今度は見張っていたがいつのまにかいなくなった。

それから、数年後にまた戻ってきた。
そこで、これは生きた人間ではないと覚悟して、それからは帰ってくる父親をただ迎えるだけとなった。

父はかならず雨の日に戻ってくる。
それに、普通に齢を重ねている。

出奔した時のままの姿ではなく、相応に加齢している。
その主人は不安そうに付け足したそうです。

これからもまた帰ってきて、それが続くと、父はどうなるのだろう?
不死なのであろうか?
と。

「供養しなさったか?」
「した。しかし、その効果(?)は無い」ということでした。

今読み返してみると、繰り返し「帰ってくる」この老人、本当に死んでいたのでしょうか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!