話すと憑いてくるっていうから

夏休みでした。
夜中の12時くらい、いつも通らない裏道を歩いて帰っていました。
突き当たりは空き地でフェンス、そのまま左に折れてまっすぐ行くと、うちのすぐそばまで出る道なんですけど、小さい頃親に”絶対通っちゃだめ”といわれてたので、ずっと通ってなかったんです。

でもその日はふとその存在を思い出して、裏道に入りました。
すると、前方に50代くらいのサラリーマンが歩いていました。
後ろで車輪がマンホールを踏むが「コン!」という音。

「あ、自転車が来たな」

道細いからつめなきゃ、と思い、サラリーマンが歩いている側に避けました。
が、なかなか自転車は追い越していきません。

あれ?と振り向くと、同時にわたしを追い抜いていく自転車・・・。
乗っているのは、顔中に茶色い包帯を巻いた全裸の人でした。

見た瞬間全身の毛が逆立ちました。
”それ”は、わたしを追い越してサラリーマンの横をすり抜けていきます。
自転車の人の背中にはぼろぼろの木の板が張り付いていて、何か字が書いてあるけど読めません。
サラリーマンは酔っているのか、狭い道を端に寄るでもなくふらふら歩いています。
ぶつかる!と思ったら、そのまますうっと通り抜けていきました。

追い抜かれて一瞬間をおいてから、「うわわ、あああ」と、サラリーマンが立ち止まって声を上げました。
わたしもびっくりして声を上げてしまいました。
そのまま自転車の包帯の人はまっすぐ走っていき、フェンスも通り抜けて空き地へ消えていきました。

サラリーマンもわたしも呆然としていました。
逃げ出したいけど背中を向けるのが怖くて動けません。

サラリーマン:「見た?見た?」

サラリーマンが振り返って言いました。

わたしはうなづいて、ぶるぶると震えていました。

サラリーマン:「逃げよう、表通りにいこう」

酔いが醒めたのかもともと酔ってなかったのか、サラリーマンが言い、二人で競うように表通りまで逃げました。

「見ちゃったね、えらいもん見ちゃったね。お嬢さん家どこ?送るよ」とおじさんが言いました。

変なかんじはしなかったし、一人で帰るのが怖くて、住所を言うと、「あれ、○○さんち?」とおじさんがいいました。
母の同級生でした。

サラリーマン:「あの空き地はね、昔からずっと古い廃屋があってね、るんぺん小屋なんておじさんが小さいときから言われてたんだよ。でね、そこで人が死んだり、自殺者が見つかったり、子供の死体が捨てられたり、いろいろあってね。」

サラリーマン:「おじさんたちが生まれるよりずっと前に、もっと怖いことがあったみたいでね。(それは教えてくれなかった)とにかく悪いことばかりあるからって、ずっと昔に壊したの。でもそんな場所ってみんな知ってるからさ、ずっと空き地のまま。」

サラリーマン:「おじさんもいつも気味悪くて通らないのに、今日はなにか、ちょっと酔っててさ、ふらふらっとね。もう酔いも醒めたけどね」

わたしは震えがまだ止まらず、いつの間にか半泣きになっていました。

サラリーマン:「やっぱでもね、怖い場所ってのはあるからね。夜なんか特に通るもんじゃないね。あんまり怖いから、誰かに言いたい気持ちわかるけど、今日みたことはあんまり言わないほうがいいかもわからんね。話すと憑いてくるっていうから、ああいうのは」

そうしておじさんに送ってもらい、帰宅しました。
あれから後ろに自転車の気配がすると、怖くてすぐ振り向いてしまいます。

以上です。
読んでくださった方ありがとうございました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!