本当に人の死に目が見えるの!

『土蔵の狸』
知り合いの話。
彼の実家には古くて立派な蔵があるそうだ。
これは、彼がまだ幼い頃のこと。

夜中、祖母が蔵の横を通り過ぎると、中から人の気配がした。

「誰か中にいる?」と問うたところ、「すいませんっ」と慌てた声が返ってきた。
同時にバタバタッと、何か暴れるような大きな音がする。

取りあえず中を確認しようと扉を見ると、閂も鍵も掛かったままだった。
「泥棒だ!」と動転した祖母は、急いで他の家人を呼び集め、数を頼みに中を確認してみたが、蔵の中には誰もいなかった・・・。

ただ、綺麗に積んであった筈の荷物が、至る所で崩れていたという。
人が隠れられるような場所もなく、出て行けるような箇所もない。
家人たちは口々に不思議だと言い合った。

ただ祖父だけは笑ってこう言った。

祖父:「大方、裏山の狸の類いが悪さしに来てたんだろう。昔はウチまで下りてきちゃあ、騒いでたモンだ」

まだ幼かった知り合いは、「え?あの蔵の中にドラえもんがいたの!?」と叫んだ。

彼にとって狸から連想できるものは、ドラえもんしかなかったらしい。
家族皆に大笑いされたそうだ。

祖母:「アンタのおかげで、怖くなくなったよ」

祖母がそう言って頭を撫でてくれたのが、子供心に嬉しかったそうだ。

『義実家の人々』
元同僚の話。

彼の奥さんの実家は、人の死が見える家族なのだという。
義両親は共にはっきりと、義妹はボンヤリと見えるのだそうだが、なぜか奥さんだけはまったく見えない質らしい。

夫婦で実家に遊びに行くと、「あぁ、君は○○で死ぬだろうから、準備をしておいてくれ」「娘を必要以上に苦労させたくないから、保険とかもきちんとしておいてね」などと反応に困るようなことを言われたそうだ。

奥さんが泣きながら「あの人たちには、本当に人の死に目が見えるの」と訴えた。
「ま、用心しておくさ」と彼は返し、自分が可能な対応をすることにした。

○○から連想される場所に、絶対に近寄らないよう暮らし振りを変えてみる。
その少し後、再び訪れた実家で、今度はこんなことを言われた。

奥さん:「おや、○○で死ななくなったみたいだねぇ」
奥さん:「でもまだ△△かもしれないし」

旦那:「だから今は△△を避けて生活しているんだ。かなり天然入っているけど、義実家の人たちって悪い人じゃないんだよ。見方を変えれば、危険を未然に注意してくれているとも言える訳だし」

ニコニコとそう述べる彼の横で、乾いた笑いを浮かべる奥さんが印象的だった。
彼自身も強烈な天然であるのだが、当の本人はそれに気がついていない様子である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!