死後の世界はあるか?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

中学のとき、授業で班別にディベートすることになって、俺の班の議題は『死後の世界はあるか?』に決まった。
今思えばくだらないテーマだけど、一応俺は否定派になったから、肯定派を論破する資料を集めるために、友達と町の図書館に行って、死後の世界や臨死体験に関する本を漁ってたんだよ。

で、結局俺達が出した結論として、「臨死体験で見えるものはキリストだったり仏様だったり、宗教によって違う。つまり、結局は本人の思い込みや、夢を見ているだけwwwはい究極論破wwww」

こんな感じで本番は責めていこうぜってまとまりかけたとき、友達が持って来た本で、タイトルは忘れたけど内容は、何処かの教授?が余命少ないお年寄りに対して、「死ぬ直前にもし何かが見えたら、私に教えて下さい」って事前にとんでもないお願いをして、その統計をとったものだった。

なんとなく面白そうだったから、借りて家でじっくり読んでみたんだが、結果としては、「綺麗な花畑が見える」「死んだ○○の姿が~」みたいな、いかにもな内容がある一方で安楽死しかけた老人に、教授がしつこく「何か見えませんか?」と尋ねたところ、「◎◎◎◎◎(共通する何か)が見える!!」と、恐怖で顔を引きつらせ死んでいくケースが多く見られたらしい。

この『◎◎◎◎◎』が怖くて、気分悪くなってすぐ本を返したのはハッキリ覚えてるんだけど、それがなんだったのかどうしても思い出せない・・・。

あれから一度だけこの本を探しにその図書館に行ったんだけど、結局見つからずに今もモヤモヤしてる。

すごく曖昧な記憶だけど、さすがに聞いたことあるやついないよな、『◎◎◎◎◎』が何なのか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!