褐炭の頭蓋骨

%e8%a4%90%e7%82%ad%e3%81%ae%e9%a0%ad%e8%93%8b%e9%aa%a8
19世紀初頭に発見された、褐炭、褐鉄鉱石、磁鉄鉱石で構成される頭蓋骨の工芸品。

1500万年前に形成された中央ヨーロッパの褐鉄鉱石の地層から見つかった。
何度も分析が行われ、無名の一般人が作った贋作(がんさく)という見解が一般的だったが、1998年にこの頭蓋骨をCTスキャンで調査したところ、頭蓋骨内部が樹木の年輪のような層をなしていることが判明した。

もし本当に贋作だとすれば、高熱の素材(褐炭の融点が110度~360度であるため)の薄膜を一枚ずつ重ねて作り上げたことになり、また、当時このような方法で制作された工芸品は存在しないことから、贋造の可能性は低いとする主張がある。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!