その公園には何かがいる

友人の話。

彼の家は新興の大きな団地で、開けた山の中腹に在る。
家から少しの所に小さな公園が作られており、よく散歩に出かけるのだそうだ。
彼曰く、そこの少し寂れた情景が好きなのだと。

ある黄昏時、いつものように公園で一人佇んでいると、すぐ横をタタタッと、まるで幼子が駆けていくような音がした。
音がしなくなると同時に、シーソーが独りでに動き始める。
徐々にシーソーの動きは速くなって行き、やがて信じられないくらい激しいものになった。

ガンガンガンガンガンガンガン・・・。

我に返った彼は、シーソーの上にいる何かが降りてこない内に退散することにした。
できるだけ静かに、足音を殺して。

彼は今でもその散歩を欠かさないが、同様な体験をもう一回だけしているという。
その時に何かが遊んでいたのは、ブランコだったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!