幽霊より怖かった

友人と遊園地へ遊びにいったときの話。

ある程度アトラクション乗った後に友人がお化け屋敷に入ろうよって言った。
友人はお化けとか『キャーキャー』言う怖がりなんだけど、その割にはそういう怖いもの見たがるやつ。(自分はお化けとか怖いってあんまり思わないやつ)

まあ付き合いが長いので自分もそういう性格分かっていて、じゃあ入ろうかってお化け屋敷に一緒に入ったわけだ。

ただ、またこいつキャーキャー騒ぐんだろうなーと予測してたんだけど、予測に反してすっごい静かに歩いてる。
お化けが出ても無反応・・・。
もしかして気絶してるんじゃ・・・って心配してたらいきなり「キャハハハハハハハ」って笑い出した。

ホント突然、こんな感じで甲高い声で笑ってんの。

しかも顔上に向けて口あんぐりあけて、まあ歩きながら笑ってるだけなんだけど、雰囲気が別人みたいで隣歩くのが怖くなってきた。

しかも手首握ってきてその力がまた強いから、こいつもしかして・・・って心配もした。

で、結局お化けよりも隣の友人にガクブルしながらお化け屋敷から出てきたわけなんだけど、出てきたとたん手首を離して、すーっと雰囲気が入る前の友人に戻った。
ホントスイッチ切り替えたかのように戻ったんだよ・・・。

それで「あー怖かった!○○(自分の名前)がいなかったら入れないよやっぱ!」とのたまう始末。
その後はいたっていつもの友人だったんだけど、手首に真っ赤なあとがつくぐらい掴んでいた事とか、お化け屋敷での様子については避けてるかのように何も言ってこなかった。

手首のことについては単に気づかなかっただけかもしれないし、本当に友人が幽霊に取り憑かれてたのか、もしかして、自分を怖がらせようとしたのかは正直分からない・・・。

自分自身そのときのことなんとなく聞けないし、ただいつもと違った友人の隣にいた間、死ぬほど怖かった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!