車で轢いてしまったもの

知り合いの話。

林道を車で流している時のこと。
いきなり何かに激突し、車が横転した。
何だ、何にぶつかった?ぶつかる物なんてなかったぞ!?

幸いにも怪我はない。
必死でドアを押し開け、外に這い出る。

車の前面は、鹿や猪でも跳ねた時のようにベッコリと潰れていた。
しかし解せないことに、林道にはひっくり返った彼の車以外何も見えない。
途方に暮れていると、呼吸音のような音が耳に入った。

ふごーふごー

音の位置を特定しようとしている彼の前で、地面の落ち葉がぐっと凹んだ。
まるで、転がっていた重たい何かが、身を起こしたかのように。
動けない彼をまったく無視して、凹みは林の奥へ、ふごふごと去って行った。

何とか里まで降りて、助けを求める。
車を回収しに行く途中「さてはお前、バツさまを跳ねたな」と言われた。
バツというのは旱魃の魃のことらしく、所謂旱神(ひでりがみ)のことらしい。

「こりゃ、今年は雨風がおかしいぞ」
「前回は確か不作になっちまったっけか」

聞くとかなり前、落とし穴にバツさまが嵌まってしまったことがあったという。
バツを止めたせいか、その年は暴風雨が非常に多く、結果不作だったのだと。
それから秋の収穫が終わるまで、彼は何となく肩身が狭かったという。
幸い大きな天候不順もなく、不作でない出来だったので、ホッとしたのだそうだ。
それ以来彼は、林道では決してスピードを出さないよう心掛けている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!