夢の中の謎の携帯番号

ありえないような、不思議な話なんですけど・・・。

私はよく夢を見るので、いつも起きたら、すぐメモする癖をつけてます。
あとで夢占いのサイトで自分の夢を占ったり夢の場所を調べたり・・・。
暗い趣味の持ち主ですw

で、まだ忘れられない出来事があるんですけど、2年前くらいかな?夢を見ました。
女の人と遊んでる夢です。

顔ははっきりと思い出せませんが、雰囲気はきれいな人の記憶があります。
すごく幸せと言うか、心地良い感じは今でも忘れません。

経緯は忘れましたが、きれいな森林に囲まれた場所の真ん中に温泉があって、二人で入ったり(服着たまま)、地下ショッピングモール?みたいな場所で、買い物したりしていました。

あそこには、何があるよとか、あそこ、すごく面白いとこだよといろいろ教えてくれて、親切な人でした。

楽しい時間を過ごしていると、なぜか私は悲しい気持ちになってきたんです。
もう、時間だって思ったんですよ。

私はここから離れるのがイヤでイヤで「ずっと、ここにいたいんだけど」と言ったら困った顔で「ここにはいれないよ」って言われました。

私は「番号教えて!!」って言ったんですねw
もう、やけくそでしたよw

彼女は携帯の番号を渡してくれました。

090-××××ー◯◯◯◯

目が覚めて、私は覚えてるうちにと、番号をメモしました。

で、その日の夜に、親に夢の話をしました。

お酒を飲んでたのもありますが、電話してみようと話しになって、もし、男の人が出たら「間違いでした・・・」で終わらせようと電話しました。

3コールくらいで電話に出たんです。

『も・・・も・・・しもし・・・』

・・・って、電波が悪い感じでした。

電話に出たのに驚きましたが、酒の力で「もしもし?おれだよ」って返したら『も・・・しもし?』って、まだ言ってるんですよ。

あ~電波悪いから聞こえないのかな?って思って「ひさしぶり~」って言っちゃったんですよ。
そしたら『久しぶり。待ってたよ』って言ったんです。

スピーカーにしてたので、私も親も驚いて互いに顔を見合わせました。
親からしたら、なんだ、知り合いかと思ったと思いますが、私はてんぱってしまって、「え・・・ああ・・・あの。。」って言って電話を切りました。

知り合いだったんじゃないかと、その場は終わりましたが、どうも腑に落ちず、夜中にもう一度かけてみたんです。

すると、『電源が入っていないため・・・』となったので、やはり、電波が悪かったのと、たまたま会話が一致したのかと、その日は寝ました。

次の日に、しつこいようですがもう一度電話してみたら『おかけになった電話番号は現在使われておりません』と、なりました。

あれはなんだったのかなと、今でも不思議です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!