ゴキブリが命の恩人

大学時代、一人暮らし中のお話です。

当時(今もそうだが)夜は部屋で焼酎をかっくらってから寝る、という生活をしていた。
夏のある夜、床に目をやると一匹の子供ゴキブリ(約体長2ミリ)がうろついていた。
俺はなんとなく「水でも飲むか?」と、ゴキの目前に水割り用の水をたらしてやると、そいつは近づいて水を飲んだ。

時は流れその年の12月の夜、俺は変わらず焼酎を飲んでいた。
さて寝るか、と布団に目をやると一匹の大きな成虫ゴキブリが布団の上に居た。

「こんな季節にゴキブリ?」と思いつつ、居られて気分のいい客ではない。

殺すのもアレなので誘導して退場してもらおう。

俺はゴキに近づいた。

普通のゴキならあらぬ方向へ隠れるだろう。
だが、奴は俺の足並みに沿って玄関へ逃げてゆく。
その時、玄関近くの台所からガス臭がした。

お湯割り用の湯を作った際、俺は酔ってガス栓とコンロを閉め忘れていたらしい。
栓を閉め、換気をして落ち着いた時、あのゴキブリはもうどこにも居なかった。

偶然なのか、ゴキブリの恩返しなのか、どっちにしろ命は助かりました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!