山中の霧にはご注意を

知り合いの話。

通い慣れた、地元の山道を歩いていた時のこと。
その日は朝から、ひどく濃い霧が出ていたという。
まぁよく知った道だから心配もあるまい。
そう考えて足を進める。

ある地点で違和感を覚えた。
どこか道の形が違う気がする。

確認のため足を止めた彼は、自分が覚えのない一本道の上に居ることに気がついた。
道の両脇は黒い草叢が茂っている。
いつの間に道を間違えたのか、全然わからない。

しかし、途中に間違って入り込む脇道は一本もない筈だが・・・。
なぜか、道の外へ足を踏み出したら帰れなくなる気がした。
一歩一歩、注意してゆっくりと歩くことにする。

どれだけ歩いたろうか。
唐突に霧が晴れ、視界が開けた。
辺りの風景を見ると、確かに彼の覚えている道だ。
いつもは小一時間で歩く道程に、半日近くの時間が掛かっていたという。

彼は霧の中、一体どこを歩いていたのだろうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!