鬼籍に入ることが決定

知り合いの話。

彼の田舎には、一寸変わった道があるという。
山へと続いているその道は、かつては目抜き通りだったが、今では町の中心から外れてしまい、通る者も少なくなっている。

この道を一人歩いていて、葬儀の列と行き会うことがあれば、決して仏の名前を確認してはいけないのだと言われている。
仏の名前が、自分のものだということがあるからだ。

喪主が抱えた遺影の写真が、自分の顔だということがあるからだ。
慌てて振り向いても、道の上には自分しか居らず、列は幻のように消えている。
・・・そんな不気味なことが時々あるらしい。

自分の葬儀を目撃した者は、遠からず鬼籍に入るのだとも言われている。
だから彼や友人たちは、この近くで葬儀を見かけると、顔を伏せ、親指を隠して足早に通り過ぎていたそうだ。

彼:「親指を隠すのは理由がわからないけど、皆がそうしてた。ま、実際のところ“学校の七不思議”みたいな類いの話かもしれないけどな」

二人で葬儀の列とすれ違った時に、彼はそういう話をしてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!